【カンボジア旅行】想像以上に素晴らしい!感動!アンコールワット   

スポンサーリンク

カンボジア3日目は、アンコールワット遺跡などを巡ります。
アンコールワット以外にもたくさん寺院がありますよ。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
まず最初に、カンボジアでの移動でお世話になった運転手さん。ありがとう。(^_^)
こちらのトゥクトゥクに乗って移動します。

スポンサーリンク

アンコールワット サンセットを見に4時起き!!!

おはようございます。朝4時に起きて、アンコールワット遺跡に朝日を見に行きます。
運転手さんには、朝4時30分にホテルに来るように予約していたのですが、できる運ちゃんで早く来てくれていて、10分早く出発できました。

まだ、チケットを購入していないのでチケットオフィスに行きます。
朝5時にチケットカウンターが開くようで、それまで少し待ちました。
1日券で37$です。世界遺産だけあって、物価の割に高いです。
顔入りの世界で一つだけのチケットを作成してもらいます。

朝のシェムリアップの街。朝だから風を切って走ると少し肌寒く感じますね。

アンコールワット遺跡についたものの真っ暗!
うっすらアンコールワット遺跡が見えますね。

だんだん明るくなってきました。
アンコールワットに向かって、右側と左側に池があるのですが、左側の池は割と干上がっており、右側の池の方が写真スポットのようでした。

うーん、太陽が顔をみせてくれません。

太陽が出ないかなぁ、と思っていましたが、帰ろうとしたときにやっと顔をだしてくれました。

アンコールワット遺跡の入り口には、朝しか咲かない蓮が。

とてもきれいで、撮影されている方もいました。
朝しか咲かないので、忘れずに見ておきましょう。

一旦、朝食を食べにホテルへ帰ります。

アンコールワットの外側は、水がたまる堀になっています。

ホテルにて、フレンチトーストの朝食。

今回観光したのは、小回りルートと言われる王道ルートです。

スポンサーリンク

再びアンコールワット 広すぎる!

再びアンコールワットへ向かいます。
すっかり太陽も上って、暑くなってきました。
入口付近にお釈迦様?

野生のサルが生息しています。観光客からパンをもらって食事中。

まず、向かったのはアンコールワットの中心部、第三回廊です。
急な階段を登ります。写真で見るよりも、急勾配です。高所恐怖症の人は大変だと思います。(危険ですよ)
入場制限を行っており、上から降りてきた人数だけ登れます。だから、登るのに30分くらいかかりました。中国人の団体客がとても多かった・・・

神聖な場所ですから、露出の多い服装やサンダルは控えましょう。ただ、係の人に注意されていても登っている人が多かったですが・・・

上にあがると、帽子も取らなくてはなりません。
遠くには、気球が見えます。気球に乗って空から観光ができるプランもあります。

シェムリアップには、ここよりも高い建物は無いそうです。
とても高くて気持ちいいです。

急な階段をゆっくり降りて、今度は一番外側の第一回廊を観光します。
第一回廊は、長い廊下に沿って、レリーフが続いています。

第一回廊は、一番外側だけあって、とても長い(総延長760m)です。一周するだけでも非常に疲れました。
暑いので、水分補給が欠かせませんよ。私はもうすでに熱中症の症状が・・・
いくら水を飲んでも頭痛が治りませんでした。(泣)

昔に、こんなにたくさん彫刻を施したなんて、彫刻師も技術が非常に高かったのでしょうね。

本当に彫刻がきれいに残っていて、すごいと思います。
日本だと、地震や火山の噴火といった自然災害でなくなってしまいますからね。
カンボジアの内戦の時も破壊されなくてよかった。

 

アンコール・トム

次に訪れたのは、アンコールトムの中心にあるバイヨン

外周には、アンコールワットと同様にレリーフが。
絵ごとにテーマがあり、おもしろいです。

そして、四面像です。

バイヨンを出て、暑くてふらふらしてきて給水。
ちょうどいいところにジューススタンドがありました。

2$でマンゴーシェイクを作ってもらいました。観光客価格とはいえ、日本と比べると格安!
そして、そこまでいれるか( ゚Д゚)というほど、たくさんいれてくれます。

次はすこし歩いて、バプーオンへ。
長い空中参道が有名なのだそう。

これが空中参道。参道が柱に支えられています。

参道の横には、池があり地元の少女たちが泳いでいました。

ここでも急な階段を登り上にあがります。


上からの景色・・・中央に参道、(片側にしか残っていない)池がみえます。

バプーオンをでて、少し歩いてゾウのテラスライ王のテラスへ。
ゾウの彫刻。

ナーガ。

壁一面に彫刻が彫り込まれています。


テラスというだけあって、広い空間が広がっています。

ここで、おひるごはん。遺跡のある地域はシェムリアップ中心街から離れているので、完全に観光客向けの店となります。これだけで7$とかだったと。 味は食べられないことは無いけど、美味しくないです。そもそも野菜が入ったパン。 ソース無し。
コスパ悪いけど、朝買って持ち込むと腐ると思うので、しゃーないな。

タケウ

トゥクトゥクに乗って再び出発。
アンコールトムから外に出る門を通過します。

次に訪れたのは、タケウというピラミッド型遺跡です。

ここも階段を登りますが、今までのと異なり専用の階段ではなく、もとからある石段を登るので一段一段が大きく大変です。
特に降りるときは足を踏み外しそうで、怖い。

タケウには彫刻はほとんどないようでした。

タ・プローム

次に訪れたのはタ・プロームです。
これは有名で写真で見たことがある人もいるのでは?
タ・プロームの入り口。

建物から木が生えてきてますけど・・・

一つだけでなく、いたるところにあります。


長い年月をかけて人口と自然が融合した結果がこれですね。(笑)

 

バンテアイ・グデイ寺院

最後に訪れたのが、バンテアイ・グデイ寺院。
こちらは人が少なかったです。アンコールワット、バイヨン、タ・プロームなど人気なところは団体客が多いのですが、人気のあまりない寺院では、人が少なくゆっくり鑑賞できます。

入口を入ると、店が立ち並ぶ区域で、人が少ないこともあって客引きに会いました。
「お兄さん、お兄さん」と呼ばれ、日本語も普通に通じます。また帰るときに来るといったら、帰るときにも覚えておられて、商品を少し見ました。結構高い金額をふっかけられたので、断りましたが。


寺院を出て、正面には大きな池が。

池の周囲には放し飼いの牛が。

これにて、世界遺産の観光は終了です。とても楽しかったです。

帰りに運転手さんに地元のスーパーに寄ってもらいカンボジアビールとお菓子を購入。
カンボジアビールは1缶で60円ほどでした。日本に帰ってから飲みましたが、おいしかったです。

次回の記事では、シェムリアップからハノイ(ベトナム)経由で大阪へ。

コメント