上海! ②豫园、上海動物園、上海铁路博物館、上海自然博物館

スポンサーリンク

上海2日目は友達に案内してもらっていろいろなところへ行きました.
今日はたくさん地下鉄で移動するということで地下鉄1日乗車券を購入しました.18元(300円ほど)です.乗り物の物価は安いですね.3日乗車券もあり,これだと45元です.いずれの乗車券も自動券売機で購入することはできなく,係員のいる窓口で購入する必要があります.

スポンサーリンク

豫园

上海といえばこの観光地は外せないと思います.いかにも中国という感じの建物を見たりして,中国に来たことを改めて実感.

庭園に入るには入場料が必要でした.あいにく天気が悪かったのですが,多くの観光客でにぎわっていましたよ.庭園内はきれいに整備されています.

スポンサーリンク

上海動物園

地下鉄で移動して動物園へ.
上海に行った時期はちょうど観光キャンペーンのようなものをしていて,主な観光地では入場料は半額でした!! すごくお得ですよね.ガイドブックに載っていなかったですしね.40元のところ20元で入ることができました.

↑中国発祥の金魚を見ました.水族館でもないのに,魚を見るのはないかも

人が通る道に鳥が普通にいました.しかも横を通っても全く逃げませんでした.というか,この鳥ほんとに動物園で飼われているの?

と思ったら,少し離れたところに仲間がいました.(笑)

中国といえばパンダ!]


しかし,雨が降ってきてパンダは室内におり,またお休み中でした.かわいい
中国だから沢山いると思ったのに2頭だけだそうです


↑昼ごはんは動物園から徒歩10分くらい離れたところのお店で.スープが辛そうに見えますが,そんなでもないです.写真上の方に移っている塊は豆腐のようなもので,あまりおいしくなかった.

上海铁路博物館

移動して,鉄道博物館へ. この博物館は特にガイドブックに紹介しているのではなく,出発前に鉄道博物館あるかな?と思って調べたらあったので,鉄道ファンとして行かないわけにはいかない,と思ったわけです.ちなみに案内をしてくれた友人も鉄道ファンです.
鉄道博物館は地下鉄3号線,4号線の「宝山路」駅から徒歩5分ほどです.

↑博物館へ行く途中でトロリーバスに遭遇しました.日本ではもう関電トロリーバスしか見られなくなり,また平成31年4月以降は電気バスが走るそうなので,日本でも見られなくなりますね.
僕は初めて見ました!


鉄道博物館に入るとまずは外にある展示から.どれも古い車両ですね.日本の列車なら多少は分かりますが,外国の列車となるとほとんど分かりません.

上の機関車の走る線路です.狭いですね.

そして,中へ.

中国の鉄道の歴史を知ることができました.でも,それぞれの車両の特徴などは紹介されていませんでした.多すぎるのでしょうか?↑高速鉄道の模型

↑なんか大きい車両みたいなものが置いてありましたが,中に入ることはできませんでした.また,高速鉄道の運転シュミレーターも設置してありましたが,調整中でした.整備をおねがいします!(笑)

 

私と友人以外,お客さんはいませんでした.展示品は少なく,あまりお勧めはできません.中国の鉄道歴史を知りたい人はぜひ行くといいと思います.

 

上海自然博物館

再び地下鉄で移動し,「自然博物館」駅へ.
上海は地下鉄の路線が多く,観光地と直結しているところも多いので便利.でも,今日は移動が多すぎで沢山歩いたので疲れ気味.地下鉄で毎回荷物検査をされるのも面倒ですね.テロ防止には,本当にいいとおもいますけどね・・・

キャンペーン期間中で半額の15元で入場.しかし,あと60分ほどで閉館という,時に来てしまったので,見たいと思うところだけ厳選してみました.なにしろ,館内がとても広くて驚きました.日本でこれほどの規模の博物館は,ないのでは?

動物の毛皮がたくさん

貝もたくさん

角もたくさん


この博物館は2015年に別の場所から移転してきたようで,新しいです.館内の吹き抜けの部分の影はガラス張りです.この模様をみると,北京オリンピックの会場を思い出すのは僕だけ?
閉館の17:15まで時間いっぱい楽しみました.時間があれば,全てみたいですね.本当に展示内容が充実していました.いや,充実しすぎでしょ.

今回はここまで

コメント