【搭乗記】ANA ボンバルディアDHC8-Q400に搭乗 大分(OIT)→伊丹(ITM) 瀬戸内海の遊覧フライト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大分空港にて暇つぶし

ひるごはんは、とり天重

大分空港まで空港連絡バス「エアライナー」に乗車してやってきました。

ANAカウンターでチェックインした後は・・・(国内線なのに、チェックインを二時間前に終えた(笑))

この時昼2時でしたが、まだ昼ごはんを食べていなかったので空港で大分名物のランチを食べることに。
こちらの和食料理店でいただきました。

とり天重を頼みました。ボリュームも多くて、味の方もおいしくて満足。

大分空港展望デッキ

大分空港は3階に展望デッキもありました。


ただ、発着の飛行機が少ない時間帯だったので、東京行きのJAL B737-800しかおらず。展望デッキから遠いところに駐機していたので、撮影できない・・・・

国内線出発を見てみると、東京羽田と大阪行きがあります。
私の乗るのが15:45発ANA1690便大阪伊丹行き。そして、その10分後見てください!
15:55発JAL2346便大阪伊丹行き。

なんと10分後に同じ行先の飛行機がある・・・対抗していますね

あと、16:55発東京行きも、ソラシドエア92便(ANAとのコードシェア)とJAL672便が同じ時刻に出発ですね。航空会社を気にする人にとってはStar Alliance かOne Worldか選ぶことができていいかもしれませんが、普通の人からしたらなんで同じ行先で2便もしかも同じ時刻に飛ばしてんねん、って感じるかもしれませんね。

保安検査を終えて、搭乗口2番へ。

搭乗開始まで時間があったので、カードラウンジ「くにさき」で休憩しました。(保安検査通過後にあるラウンジです)

新聞や雑誌(月間航空ファンもあった)が充実しているほか、大分名物カボスジュースがありました。

大分空港にはANAラウンジやJALのサクララウンジは無いので、みんなこのカードラウンジを利用することになるみたいですね。

スポンサーリンク

ANA ボンバルディアDHC8-Q400に搭乗 大分(OIT)→伊丹(ITM)

15:25搭乗開始。
ANAダイヤモンド会員が8人くらいいて、多いなぁって思う。

私は、窓側の座席なのでgroup3で搭乗。

隣は、JALの大阪伊丹行きの搭乗口となっていて、お年寄りの方が間違えてANAの大阪伊丹行きに搭乗しようとする場面を見ました。出発時間も10分しか差がないのでねぇ。

そりゃー間違えるわ。自分でも分からなくなりそうですよ。(ましてや、乗る航空会社をあまり気にしておらず、行先だけを見ている人にとっては分かりにくいですよね・・・)

今回乗る機体、ANAが保有している唯一のプロペラ機です。

一応、ボーディングブリッジもあるんですね。

座席は2+2の配置。天井が低く狭いです。
でも、座席の背もたれ、特に頭の部分がふかふかで、あまり疲れなさそう。

正直、J-AIRのエンブラエルよりもこっちの座席の方が好き。

改めて、今回の機体はボンバルディアDHC8-Q400

15:41飛行機が動き出して、
大分空港、そして大分さようなら・・・機内にはモニターがないので、J-AIRと同じく、CAの方が緊急時の脱出方法について説明してくれます。
15:46
離陸

この景色分かりますか?愛媛県の西に延びているあの地域ですよ。

松山市内を見たあと、観音寺市付近16:06

松山市と今治市が同時に見えたので、すごいなぁと思ってしまいました。バスだと1時間くらいかかるよね?

機内では、短い飛行時間にもかかわらずドリンクサービスもありました。
私は温かいコンソメスープをもらいました。久しぶりのANAの味に感動(^^♪

飛行機は、徳島県上空


鳴門と、鳴門海峡です。

鳴門海峡は、少しだけ鳴門の渦潮を見ることができました。

淡路島付近で、関空(KIX)に着陸する機体がだいぶ下に見えました。カメラの性能上これ以上拡大できず・・・ 赤い機体といえば・・・中華系か、ベトジェットかエアアジアか。

和歌山市16:21に通過

この時に、CAの方が位置情報を教えてくれる端末?を見せて和歌山県の上空ですよ!
と教えてくれました。

さすが7年連続5スターのエアラインですね。

関西空港が見えました。泉佐野16:23に通過

街の中にある、八尾空港16:28通過

大阪城16:30通過


淀川を渡って

新大阪16:32に通過

千里山土手の上を通って、(数人のカメラマンがいましたよ)

16:34着陸

降ります。

プロペラ機、思ってたより快適だった(*´ω`*)
快晴だったからもあると思うけどね。

飛行機を降りて、歩いて空港に向かうスタイル。

伊丹空港に到着したときに、時差ボケならぬ、場所ボケ?に見舞われました。
大阪から大分まではフェリーと鉄道を使ったので移動だけで13時間以上かかっているのですが、帰りは1時間未満で体は大阪にいるのに、頭の中では大分にいる感じがしばらくつづきました。
まあ、家に帰れば解消されましたけどね。

フライトログ

  • 日時:2019年9月10日
  • 便名:NH1690便(ANAWings運行)
  • 機種:DHC8-Q400(JA856A)
  • 区間:大分(OIT)15:45→大阪伊丹(ITM)16:45
  • クラス:普通席18A
  • 航空券:ANAマイル3,000マイル(ANAとくたびマイル)
  • 航路:15:46大分空港離陸  松山市内上空、和歌山市16:21,泉佐野16:23,八尾16:28,大阪城16:30,新大阪16:32,  最高高度17,000feet 16:34伊丹空港着陸

今回は、ANAのとくたびマイルを使って旅をしようと思い、2日前にゲットした航空券を使いました。
2日前に買うと最安値でも19,000円したので、1マイル6円の価値があったことになりますね。
これはお得ですね。

終わり・・・

コメント