【バス乗車記】 備北バス 中国新見→大阪 

スポンサーリンク

今回は、新見から大阪まで高速バスを利用してみたレビューです。

1日往復8便あり、備北バス運行阪急観光バス運行がそれぞれ4便あります。一部の便は三次発の便で中国新見が途中停留所の扱いです。
今回私が乗車したのは備北バス運行便です。

時間:約3時間50分(中国新見~大阪)
料金:3,900円~4,800円(中国新見~大阪、時期による変動制、早割もあり)
スポンサーリンク

始発の中国新見は、新見駅から歩いてすぐ

新見駅到着

新見駅から駅舎を出てまっすぐ続く道を歩きます。一本道なんで間違うことは無いと思います。

川を渡り、

新見駅から徒歩数分で中国新見停留所に到着。

 

バス停に着いて分かったんですが、津山北までは乗車のみなんですね。乗降ともにオッケーだと思ってました。

 

スポンサーリンク

備北バス  中国新見⇒阪急梅田三番街

備北バス 車内の様子

10:27にバス到着 ギリギリに着きますねぇ(゚∀゚)

備北バス、初めてみたけど好きなデザインかも。

車内は2+2の標準的なシート。右奥にはトイレの設置も有り。

 

座席については、ミニテーブルとフットレストがあります。

前後の間隔は標準で約4時間、横に人が来なければこれなら大丈夫そう。

車内前方左側に電光案内板があり、次の停留所を案内してくれます。

 

中国道を通り、大阪へ

10:30中国新見、定刻発車 自分も含めて乗車4^ – ^

10:33新見インター 乗車なし 定刻

 

新見インターから中国道に入ります。

ここら辺の中国道は制限60なんですね。線形が悪いのかな。とおもったら、急カーブの連続でした。

60キロで高速を走るのでとても遅く感じる。

 

特に運転手からの挨拶や案内等もなく進んでいきます。

阪急高速バスなら、運転手からの挨拶があるので、サービス面で劣りますね、まあいいでしょう。

 

熊谷10:41

大佐10:46 1分遅れ

布瀬10:50 定刻

北房砦部10:58 2人乗車

落合インターで降りて、落合インター11:12 3人 1分遅れ

 

街中走行して

 

落合サンプラザ前11:15  

6人くらい乗車

落合から合計9人くらい乗車されました。

落合は割と大きな街みたい?

中国追分11:28 4分遅れ

久米11:33 2分遅れ

院庄インター11:38 2人乗車

津山北11:45   1人乗車 3分遅れ

ここまでが乗車のみの扱いです。

安富パーキングエリア 休憩12:26から10

西宮北インター、宝塚インター通過

中国池田IC13:30出て

千里ニュータウン13:45 1人下車 12分早着

新大阪14:00 6人下車 8分早着

横には大阪メトロ御堂筋線が走っています。

大阪梅田のビル群が見えてきました。

淀川を渡ると終点阪急梅田三番街までもうすぐです。

大阪梅田阪急三番街14:15 3分早着

おわりに

今回は、中国新見から備北高速バスを使って、大阪梅田まで行きました。

備北バスには初めて乗車しましたが、乗務員のサービスはいたって普通でしたが、安全運転でした。

また利用する機会があれば、阪急高速バスに乗って、違いを発見するのもおもしろいかもしれません。

それでは、また。

コメント