関門海峡を歩いて横断してみた

スポンサーリンク

こんにちは

関門汽船に乗って、下関と巌流島に行ってきました。
スポンサーリンク

海鮮丼のひるごはん

門司港に戻ってから、昼食で海鮮丼を食べました。美味でした。

スポンサーリンク

北九州銀行レトロライン門司港レトロ観光列車「潮風号」に乗車

門司港駅から歩いてすぐのところに、トロッコ列車が走っています。
いつかのりたいな、と思っていたので今回乗車してみることに。


客車は2両あります。どちらも、窓がないオープンです。

出発する駅は、北九州鉄道記念館前駅です。

列車は門司港レトロ地区をゆっくりと走ります。普通に歩くスピードくらいです。(笑)

ちょうど跳ね橋が上がっているところを見ることができました。
一日で数回しか上がらないそうなので、ラッキー。

進行方向左手には関門海峡が見えてきます。
車内ではアテンダントが観光案内をしてくれました。

トンネルをくぐって、終点の「関門海峡めかり」駅で下車。

駅前には、関門海峡のトンネルを走ったという昔の機関車が展示されていました。

関門海峡を歩いて横断

しばらく歩くと、関門トンネル人道入口があります。
ここは、歩行者が関門海峡を横断することのできるトンネルです。

エレベーターに乗って、地下へ。
どうやらここは国道2号線の扱いのようです。

トンネルの中央付近は、県境となっていて写真スポットになっています。

山口県側の人道トンネル入口に到着。

再び、門司側にもどってきて、関門橋を撮影しました。

再びトロッコに乗って、門司港の中心部へ。

帰りは「ノーフォーク広場」駅から乗車しました。ここから門司港レトロ地区だと、歩いても行けるのですが・・・一日乗車券を買ってしまっていたので、2回乗車して1日乗車券と同じ金額なので、あと1回乗らないと損・・・

短い時間でしたが、門司港周辺を観光できて楽しかったです。

では、また。

コメント