関西から山陰へ行く一番おとくな方法 

スポンサーリンク

今回は、関西から山陰、特に鳥取県西部(米子市、境港市など)と島根県東部(安来市、松江市、出雲市など)に行く方法について紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する

なんといっても速い飛行機。飛行機を利用すれば、離陸から約30分ほどで山陰の地へ降り立つことができます。山陰の空港はいくつかありますが、島根県と鳥取県にありかつ関西からアクセス可能なのは、隠岐空港と出雲空港です。ここでは、出雲空港へのアクセスについて紹介していきます。

出雲空港へは、伊丹空港と神戸空港からアクセスすることができます。

伊丹空港から

伊丹空港からはJAL(日本航空)が就航しています。1日4往復運航していて、いずれもJ-AIRの運行で、機体はE70です。

値段:先得7,800円くらい~
時間:50分(飛行機に乗っている時間)
【搭乗記】J-AIR 伊丹(ITM)⇒出雲(IZO) J-AIRに初搭乗!
今回は初めてJ-AIRに搭乗した時の様子を書きたいと思います。2月18日、早朝に伊丹空港へ向かいます。モノレールの車内は、これから飛...

神戸空港から

神戸空港から出雲空港へは、FDA(フジドリームエアラインズ)が出雲空港へ運航しています。こちらは1日1往復です。また、JAL(日本航空)とのコードシェア便であり、JAL便名で購入することでJALのマイルもためることができます。ただし、基本的にはFDA(フジドリームエアラインズ)の便名で買った方が安いです。

FDAが保有している機材はERJ170とERJ175です。マルチカラーコンセプトにより、さまざまな色の機体があるので、自分が乗る機体がどれなのか乗るまで楽しみです。

値段:7,500円くらい~
時間:55分(飛行機に乗っている時間)

出雲空港に着いたら、空港連絡バスに乗って松江市、出雲市に行くことができますよ。

 

飛行機だと早く到着して楽だよね。

スポンサーリンク

鉄道を利用する

さまざまな行き方がありますが、ここでは一番メジャーな方法である新幹線と特急やくもを利用する方法を紹介します。

新幹線&やくも

京都、新大阪、新神戸駅などの新幹線停車駅から新幹線へ乗って岡山へ。新大阪からだと約45分ほどで岡山駅までたどり着きます。

岡山駅で在来線に乗り換えます。特急やくもは、岡山駅2番線から発車します。

期間限定でお得な切符も!

期間限定(2020年3月31日まで)で、新幹線&やくもをお得に利用できる切符がJR西日本から発売されています。14日前までの予約で、E5489というネットサイトからの予約により購入することができます。

新大阪(大阪市内)から米子駅までは4,690円。松江駅までは5,300円。 出雲市駅までは5,400円です。通常では1万円以上するのでおとくです。

1名様から利用OK。そして、片道利用もOKですから片道は新幹線&やくもで帰りは飛行機やバスでなんてこともできちゃいます。

JR西日本おでかけネットより https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/campaign/shinkansen-yakumo-s-hayatoku/
岡山~出雲市を走っている特急やくも381系
値段:4,690円~(早得切符を利用した場合)通常は9,350円~(米子~大阪市内、自由席利用)
時間:新幹線(岡山~新大阪)約45分、特急やくも(岡山~米子2時間20分、松江2時間40分、出雲市3時間10分)

高速バスを利用する

鉄道では、岡山駅で乗り換えが必要ですが、高速バスであれば乗り換えなしで行くことができて便利です。

高速バスは、大阪駅近くの阪急三番街から出ています。阪急バスと中国JRバス、一畑バスの共同運行で、1日26便(上下各13便)出ています。

高速バスは飛行機や鉄道に比べて長時間の乗車になりますが、繁忙期に設定される2号車を除いて3列シートで運転されるので、快適に移動できます。

くにびき号(阪急バス)
値段:大阪~JR松江駅 4,590円~6,000円(日時により値段が変わります)
時間:大阪~JR松江駅 約4時間30分、大阪~出雲市駅5時間35分

おわりに

今回は、関西~山陰の行き方について書きました。山陰は、出雲大社や国宝松江城など、さまざまな観光名所もあるほか、出雲そばやぜんざいなど、食べ物もおいしいところですからぜひ山陰へ。

 

コメント