【搭乗記】日本流LCC! ピーチ松山(MYJ)⇒関空(KIX)&松山空港展望デッキ

スポンサーリンク

午前中は、松山観光で松山城などに行ってきました。
今回は松山から大阪にもどります。

スポンサーリンク

松山空港までリムジンバス

JR松山駅から伊予鉄バスのリムジンバスに乗車。
大人運賃460円で、15分で空港まで行けます。松山空港は市街から近くにあって便利ですね。
私が乗車したリムジンバスの他に、途中の停留所が多い路線バスも運転されていました。(どちらも料金は同じようです)

スポンサーリンク

松山空港展望デッキ

まずは、松山空港3階に上がって飛行機撮影。

JALのB737-800がいました。

ANAのB777。東京オリンピックのラッピングが着陸してきました。
初めて見ました!


東京便はお客さんが多いからB777なんですね、私がたまに利用する出雲空港は一番大きくてB737なのでワイドボディー機うらやましいー

2階ビジネスラウンジ、3階スカイラウンジでポンジュースを飲んで休憩した後、いよいよピーチにのりますか。この2つのラウンジには、ポンジュースがありましたよ。やっぱり、愛媛県といえば、みかんですもんね。

ピーチ 松山(MYJ)→関空(KIX) A320-200搭乗記

チェックインは自分で行う

窓口にあるモニターで持ってきたEチケットのQRコードを読み込みます。
搭乗券を発行完了。LCCでよくあるレシートの形ですね。

マレーシア国内線でLCCのエアアジアに搭乗したことがありますが、日本国内ではこれが初めてとなります。楽しみー

保安検査を通り抜けて、搭乗口へ。
Dゲートからの搭乗でした。待っている人が他の飛行機に乗る乗客と異なり、大学生など若い人が多かったです。

搭乗順の案内などで肉声放送による英語が話されていたのですが、これがジャパニーズイングリッシュで日本語で英語を話しているようでした。
自分が外国人だったらたぶん理解できないと思います。
松山空港には国際線も就航していますし、観光地にも外国から来られている方を見かけたので、もう少し流暢な英語を話してもらえるとよいですね。

搭乗開始となると、まずは窓側の乗客から案内が開始されます。
ANAやJAL便だと、まずは上級会員がドヤ顔で(すべての人がそういうわけではないですが)搭乗していくので、平会員としては少し嫌な思いがするのですが、LCCであれば搭乗するすべての人に対して平等な対応で安心します。
Dゲートを通過後、しばらく歩かされます。

ゲート通過の際など、手荷物の重さやサイズを測られることはありませんでした。
重そうに抱えてたらチェックされるかもしれないので、一応自分の手荷物が7kgを超えていないか確認しておくと安心ですね。
一番端のボーディングブリッジからの搭乗です。LCCらしいですね。

でも、沖止めではなく、ボーディングブリッジで搭乗できるのは素晴らしいです!

ピーチ機内の様子

今回指定した座席は、30A、一番後方の座席となります。

前の座席との間はこんな感じ。座ると、前の座席には膝はあたらないくらいです。もっと狭いのを想像していたので、思ったより広くて快適です。

前の座席の上ポケットに機内販売の案内などいろいろ入ってました。
関空や成田から市内、都心に出るには鉄道、バスを利用すると思いますが、それらの割引チケットを機内でCAから購入することができます。

機材はA320-200

晴れていて瀬戸内海がきれいに見えた!

ドアがクローズしましたが、隣の2席には誰も乗ってきませんでした。反対側も窓側しか人が乗っていなくて、一番後ろだと、出るときに時間がかかりますが、ゆったりできるみたいです。
500円の座席指定は有効であったと思います。やったー

飛行機は定刻通り駐機場を離れ、離陸。
最近はERJ170の小さなジェット機に搭乗することが多いので、滑走路を走る距離がいつもより長いように感じました。
離陸後、左旋回して先程離陸した松山空港を見られました。

瀬戸大橋

淡路島の上空を通過して、左手に神戸の街並み、そして大阪港を見ながら、右旋回して北側から着陸するようです。

関空は第2ターミナル

関空(KIX)に無事着陸。
第2ターミナルはピーチの機体でいっぱいでした。
お隣もピーチ。

一番後ろの座席なので、なかなか降りることができませんが、別に急いでいないので問題なしです。
降り立って、飛行機撮影。


関空第2ターミナルは一切ボーディングブリッジは無いため、タラップを使う沖止めです。
最後方の座席だったので、最後に降機。

日本で利用する初めてのLCC、「ピーチ」はとても快適だったので、また乗りたいですね。
あと、ジェットスターやエアアジアジャパン、春秋航空などもトライしたいですね。

第2ターミナルから関西空港駅までは離れていて歩いてはいけないので、無料シャトルバスに乗車します。
連接バスが運行されていて驚きました。

この後、関空展望ホールスカイビュー に行きましたが、また次の記事で書くことにしましょう。

では、また。


フライトログ

  • 日時:2019年3月5日
  • 便名:MM310便
  • 機種:A320-200(JA809P) 
  • 区間:松山(MYJ)17:35→大阪関空(KIX)18:25
  • クラス:普通席17K
  • 航空券:¥3,390(運賃1,990円、諸税等360円、座席指定500円、支払手数料540円)
  • 航路:17:42松山空港離陸 最高高度15,000feet 18:24関西空港着陸

コメント