ブダペストで温泉を堪能! #10ブダペスト旅行記

スポンサーリンク

ブダペスト5日目の朝を迎えました。

スポンサーリンク

セーチェニ温泉へ

今日はブダペスト最終日。早朝からセーチェニ温泉へ行きました。建物自体も歴史的に古い感じで雰囲気出てますね。

セーチェニ温泉はブダペストで一番有名で多くの観光客が訪れると聞いていたのですが、早朝(7時)ということもあり、地元客らしき人が多かったです。
朝の時間だけ利用することが可能なチケットを窓口で購入しました。一日券よりも少し安いです。

日本の温泉とは異なり、脱衣所で水着に着替えて入浴します。個室で着替える場合は別料金がかかります。私は、共通で着替えるところ(男女別)で着替えて、ロッカーに荷物を入れました。

湯温はぬるくて、9月上旬の早朝は息が白くなるくらい寒いので、肌寒かったです。もう少し湯温が高ければ、より温まれそうです。

外風呂。
外にはプールもありました。スイミング帽は持ってきていないので、泳げませんでしたが泳いで汗をかいてから温泉に入るくらいがちょうどいい温度ですね。

敷地が広いので、サンダルを持ってきて正解でした。

内風呂もあります。

プールのように見えますが、すべて温泉です。

セーチェニ温泉では、浸かりながらチェスをしている人がいる、と聞いていましたが早朝はさすがにいませんでしたね。チェスをしている人がいるのは、休日の昼間だそうです。

帰りは、地下鉄1号線でホテルへ帰りました。
一号線は世界で三番目にできた地下鉄だけあってか、階段を50段くらい降りると、地下鉄のホームです。もちろん改札口がないのでそのまま電車に乗ることができます。

スポンサーリンク

おわりに

温泉にもってくるとよいもの

水着(必ず)、バスタオル(必ず)、サンダル(かなり歩いた)

サンダルを持ってくるとよいかも。

次回は、ブダペストから帰国。
つづく・・・

コメント