【乗船記】ドナウ川を遊覧する水上バスに乗船! #4ブダペスト旅行記

スポンサーリンク

今回はブダペストに来たらぜひとも乗ってみたい船の乗船レビューです。
ブダペスト1日乗り放題券(地下鉄、バス、トラム)でも乗船することができるので、お得です。

スポンサーリンク

ブダペスト 水上バスに乗船

ハンガリーの国会議事堂から歩いて、水上バス乗り場までやってきました。

ここから、ドナウ川を遊覧する水上バスに乗船して下流に向かいます。

これから乗船する船がやってきました。
ブダペスト市内の乗り放題券で乗れることもあって、多くの観光客が乗船されています。

系統番号は12。
乗船するときに船員に1日乗車券を見せて、乗船します。席は自由席です。

船内は2階建て構造になっています。
1階にはテーブルとイスが置かれています。また、飲み物を買うカウンターがあり、買っている人もいましたよ。
1階は、かなり水面に近い印象。まあ、川ですから波は無いですもんね。

せっかくなので、2階に上がって、風を感じながら乗船しました。

橋もつぎつぎにくぐっていきます。
はじめは、マルギット橋。

進行方向左手には、ハンガリーの国会議事堂が見えてきました。

 

国会議事堂の前にある停留所?にとまりました。

 

港には、乗換案内もされていて水上交通機関であることがわかりますね。

途中、様々な船とすれ違うのも楽しい。こちらは、ドナウ川のクルーズ船。

つづいて、くさり橋をくぐります。

 

再び次の港へ。
この船は、対岸を行き来するように、途中港にとまりながら川をくだっていきます。

 

つぎにくぐるのは、エルジェーベト橋です。

ドナウ川には、日本の2倍以上の長さの船が川を航行しています。


船首の塗装が唇にバラをくわえていておもしろい。

 


最後にくぐるのが、自由橋です。

 


途中の港で下船しました。

とても楽しい船旅でした。
ただし、船の便は早朝や夕方など限られているので時間をあらかじめ調べてから乗船した方がよさそうです。

次回はブダペストの素晴らしい夜景を見に行ったことを書きます。お楽しみに

つづく・・・・

コメント