関西~九州のフェリー航路まとめ 乗船記も含めて紹介!

スポンサーリンク

関西~九州は運航している船が多くあり、フェリー好きにとってはどの船に乗ろうかと迷います(笑)。

そんな航路を紹介していくよ。

スポンサーリンク

瀬戸内海経由

まずは、瀬戸内海を経由する航路から・・・
瀬戸内海は波が穏やかで大型船のフェリーは揺れがほとんどないので、ホテル感覚で移動できます。

揺れが少ないので、船酔いが心配な人にもおすすめしたいね。

大阪~新門司(福岡)

阪九フェリー

大阪の泉大津港から北九州の新門司港まで運航。
就航船は「いずみ」と「ひびき」

露天風呂があるのが特徴
レストランはカフェテリア形式(自分で好きなものを取って、最後に精算)

この航路には2回乗船したことがありますが、いずれも「ひびき」でした。

 

阪九フェリーの魅力は露天風呂、そして美味しいごはん!

名門大洋フェリー

大阪南港と北九州の新門司港をむすんでいる名門大洋フェリー。

阪九フェリーは、泉大津港で大阪市内からは遠いのに対して、大阪南港は大阪市内にあり地下鉄とニュートラムを乗り継いで行けるので利便性◎

1日2便運航しているので、17:00発または19:50発が選べるので便利。(2020年5月現在)

阪九フェリーにはある露天風呂は無い
レストランはビュッフェスタイル

1便船はお得な運賃で発売していることもあるよ。

神戸~新門司(福岡) 阪九フェリー

神戸六甲アイランドから北九州の新門司港まで運航している阪九フェリー
2020年3月には新造船「せっつ」がデビューしたことで、この航路でも露天風呂を楽しむことができるようになったよ。

神戸~大分 さんふらわあ

神戸六甲アイランドから大分港まで出ている夜行フェリー。
「さんふらわあ」といえば、船体に描かれている太陽の絵が印象的。

大阪~別府(大分) さんふらわあ

大阪南港から別府港まで運航している夜行フェリー。

この航路にはまだ乗船したことが無いので、乗りに行きたい・・・

スポンサーリンク

太平洋経由

太平洋経由で運行するのは関西と宮崎、鹿児島を結ぶフェリー。
九州の南部へは瀬戸内海を経由するよりも太平洋を経由した方が近いのかな。
太平洋を航海するので、瀬戸内海よりも揺れるよ。

神戸~宮崎 宮崎カーフェリー

神戸三宮港から宮崎港まで運航。神戸港(三宮)は、神戸三宮駅から歩いてでも行ける距離、宮崎港も宮崎駅から頑張れば歩いていける距離(ともに駅から有料バスあり)でとても便利のいい港から出発します。
フェリーは、少し古いですが、今後新造船を作ることも発表されているので、楽しみですね。
ネット予約で片道5,000円など、安い運賃を多く発売していて早目に購入するほどおとく。

 

大阪~志布志(鹿児島) さんふらわあ

2018年から運航を開始した「きりしま」と「さつま」の新造船が就航。
船内はとてもきれいで、中心部にある吹き抜けの天井にはプロジェクションマッピングも投影されます。
私が乗船したときは某ウイルスの影響でイベントが中止されたので、また乗りに行きたい。

徳島から新門司へのフェリーも

徳島~新門司(福岡) オーシャン東九フェリー

東京~徳島~新門司を運航しているオーシャン東九フェリー。
このフェリーはこれまでに紹介してきたフェリーと大きくことなり、主に貨物を運んでいるフェリー。そのため、レストランは無く食べ物の自動販売機がずらりと並びます。
しかし、展望浴場はあり船内もきれいで乗船客が割と少ないので、よりゆったりとした旅が楽しめます。

一度だけ東京⇒徳島で乗船したことがありますが、そのころはまだブログを書いていなかったので・・・また乗ります。

Stay home ブログでも読んで過ごそうね。

 

コメント