【搭乗記】J-AIR 伊丹(ITM)⇒出雲(IZO) J-AIRに初搭乗!

スポンサーリンク

今回は初めてJ-AIRに搭乗した時の様子を書きたいと思います。
2月18日、早朝に伊丹空港へ向かいます。モノレールの車内は、これから飛行機に搭乗するビジネスマンばかりでした

スポンサーリンク

伊丹空港ラウンジ Osaka Lounge

伊丹空港の3階にあるカードラウンジOsaka rounge にて休憩した後、搭乗します。
6:30からしか開いていないのが、残念。開店前には、ビジネス客で行列ができていました。
自分もその列に加わり、中へと入ります。

受付で、クロワッサンをいただきました。早朝に入るともらえるので、早目に入ることをおすすめします。

中では、健康的にトマトジュースをいただきました。
本当は珈琲をいただきたかったのですが、コーヒーマシーンって、作るのに時間かかるじゃないですか。行列ができていたので今回は諦めました。

 

約10分の滞在で、急いで保安検査を通り抜けます。

搭乗ゲート近くまで行くと、J-AIRのエンブラエルがたくさん駐機していました。

「しまじろう」ラッピングの飛行機も。

スポンサーリンク

J-AIR初搭乗 JAL2341便 伊丹(ITM)→出雲(IZO)  E170搭乗記

今回は23ゲートからJAL2341便出雲(IZO)行きに搭乗します。

▲なんと、飛行機までバスで向かいました。まさかの沖止めですか。
早朝7時台に離陸する飛行機が多いため、ボーディングブリッジが使えないのでしょう。

沖止めの飛行機に乗るときの楽しみは、間近で飛行機が見られること。

隣には、これから乗る飛行機と同じ機種のJ-AIR

▲JAC(日本エアコミューター)のATR42-600型機も駐機していました。

そして、乗り込みます!

エンブラエル170です。


J-AIRには、エンブラエル190と170があり、170の方はクラスJが無いので小さいです。

離陸後、大阪の街並みが良く見えます。この日は全国的に快晴でしたので、終始眼下の景色を楽しめました。

神戸市内上空を通った後、中国山地の上を通り、左手に大山を見つつ、進みました。
機内ではドリンクサービスは無く、代わりにアメを配られます。

そして鳥取県境港市の上空を通り、左手には大根島が見えました。

松江市内もばっちり見えました。

松江市内上空 白い日赤病院が目立つ

降り立ちまして、機体を撮影しました。

今回は、初めてJ-AIRに搭乗しました。大阪~出雲は、いつもは鉄道を利用するので飛行機で来るのはあまりにも早くて、距離感覚を失いそうです。

短い路線ですが、意外にも満席で驚きでした。これなら、増便してもよさそう?


フライトログ

  • 日時:2019年2月18日
  • 便名:JAL2341便(J-AIR)運行
  • 機種:ERJ170(JA227J)  
  • 区間:大阪伊丹(ITM)07:10→出雲(IZO)07:55
  • クラス:普通席10A
  • 航空券:スカイメイト¥9,760
  • 航路:07:27伊丹空港離陸  07:57松江市上空  08:01出雲空港着陸

次回は、出雲(IZO)から伊丹(ITM)へと戻ります。

お楽しみに。

コメント