【乗船記】国際船!!! パンスタークルーズ 大阪⇒釜山  約18時間の船旅

スポンサーリンク

今回は、初めて船で出国します。
行先は、韓国の釜山です。
大阪からは、中国の上海行きと韓国の釜山行きのフェリーが出ています。
釜山行きのフェリーは「パンスタークルーズ」と呼ばれており、船の名前は「パンスタードリーム」です。ややこしい・・・

スポンサーリンク

大阪港 国際フェリーターミナルへ

パンスタードリームの出発地大阪港へ行きます。

徒歩で乗船される方は、大阪メトロのコスモスクエア駅まで行き、コスモスクエア駅から徒歩または無料シャトルバスを利用していくことができます。

御堂筋線、中央線を乗り継いでコスモスクエア駅に着きました。
コスモスクエア駅は、日本語名にしたら「宇宙広場」ですね。
なぜ、このような名前になったのか・・・

改札口を出て、地上へ出るところにこのような案内板があります。
私は、国際フェリーターミナルへ行くので、左の2番のりばに行きます。

エスカレーターを上がると、奥の方に今回乗船するパンスタードリームのファンネル(船の煙突)が見えました。釜山から大阪への帰りではフェリーターミナルから駅まで歩いたので、歩けない距離ではないです。

パンスタードリームのバスが到着。
どうやら専用のバスのようです。

 

国際フェリーターミナル到着。
大きな段ボール箱が置いてあります。韓国人も爆買い?

窓口でチェックインを済ませます。

チケットを発券してもらえました。
夕食券と朝食券がついており、長いチケットでしたね。

こちらが1階待合室。奥が出国審査するゲートです。
時間になると、出国審査が開始されるので、しばらく待ちます。


係の人に教えてもらって、3階に展望デッキがあると聞き、行ってみることに。
こんなにきれいに船全体が写真に納まることはなかなかないので、うれしかったです。
どうしても大きい船を撮ると、一部だけになってしまいますからね。

空港よりも穏やかな雰囲気で、ゆったりとした時間が過ごせました。
出国時間まで、ゆっくりくつろぐことができるスペースがあるので、ぜひ3階へ。

こちらは中国の上海へのフェリーです。
中国へもフェリーでいってみたいですね。なお、中国まで2泊3日です。さすがに韓国よりも遠いです。

スポンサーリンク

「パンスタードリーム」で1泊!韓国までの船旅

出国 そして「パンスタードリーム」に乗船

出国は、スムーズでした。
審査官が3人程度いましたね。
国際航路であるのですが、なんと保安検査や手荷物検査は無かったです。
こんなことだから密輸されるんじゃないの?まあ、乗客としては、とても楽ちんです。

飛行機に乗ると、飲み物は捨てないといけませんが、船であればいくら持ち込んでもOKです。ただし、韓国に入国する際にお酒は免税範囲を超えてしまうと、関税がかけられるので船の中で消費すれば問題ないです。

出国を終えて、船まではさきほどコスモスクエア駅からターミナルまで乗ってきたバスと同じバスに乗ります。
ターミナルから船までの距離はわずか100mくらいだとおもいます。しかし、密輸などを防止するために船の入り口近くまで人を運ぶのでしょう。

船の入り口です。
船のかなり低い位置から乗船します。

乗船後はエスカレータを乗り継いで、ロビーにたどり着きます。
ロビーでは、バイオリンとピアノの生演奏で迎えてくれました。

船内の様子

スタンダードB

私が今回利用した部屋は、スタンダードBという2人部屋です。
貸切希望したところ、往復でプラス3,000円! お得でした。

テレビの後ろには、コンセントが一つあります。また、ベッドの所にも一つずつあります。
もともと日本で使われていた船ということで、日本と同じコンセント型で日本の家電製品は全て使えると思います。

チャンネルは、日本のBSテレビ、韓国のテレビが3チャンネルくらいと、この船の案内、そして船首からの現在の眺めをライブで楽しむことができます。

こちらがベッド。読書灯もついています。

出港まで時間があるので、韓国入国の際に必要な携帯品申告書と、入国申告書を書きます。いずれも、ロビーにおいてあります。

cafe夢

最上階にあるcafe夢の入り口です。外からも入ることができるほか、cafe夢の内部にある階段からも行き来することができます。


私は、帰りの船で利用しました。船内では、ここの中にしかフリーWi-Fiがありません。
瀬戸内海を航行しているといえど、島から離れて航行するときは圏外になることもしばしばあります。

cafe夢の団体スペースです。
貸切もできるみたいです。行きも帰りも特に使われているところはみませんでした。

パンスターのファンネル

レストラン

テーブルは6人以上の席で、団体旅行でなければ他の人と相席です。

ゲームコーナー

レトロなゲーム機がいくつか設置されています。

記念撮影できるスポットもあります

 

瀬戸内海クルーズ

出港。大阪港は15:30出港ですが、出発準備が予定よりも早く済んだのか、15時過ぎには出発していて、船が岸壁から離れるところを見ることができませんでした。

奥に見えるのは、港大橋です。阪神高速が通っています。上下2段の構造です。

出港した国際フェリーターミナルには、日中国際フェリーのCHINJIF(しんがんじん)が。
こちらは2泊3日で中国、上海まで行きます。

ガラス張りの建物が印象的な国際フェリーターミナルを後にします。

大阪港を遊覧する「サンタマリア」が見られました。
多くの方が乗車されていますね。これに乗船するのは1,600円~なのですが、今回乗ったパンスタークルーズでは貸切部屋で片道6,000円ほど(諸税込み)安すぎ!!!

サンタマリア号に乗船したこともありますが、私は観光船よりも定期船が好きです。

さらば、大阪。

ガントリークレーンが多い

明石海峡大橋通過 虹が見えた!

出港から1時間ちょっとで明石海峡を通過します。
明石海峡大橋は大阪や神戸などを出発し四国へ行く船がよく通る海峡ですが、なかなか大型船で日中に通ることは無いですね。だいたい夜の通過となります。

雲行きがなんともあやしいですが、明石海峡大橋の下をくぐります。

こんなに大きな橋の下を通る経験は、なかなかできませんよね。

明石海峡通過後、雪混じりの雨が降ってきて、虹まで見えました。
なんか久しぶりに虹を見ました。運がいい!!(^^)!
手前に見える船は、太平洋セメントを運搬する船ですね。

その後、夜ご飯の時間まで客室で読書でもしながらゆっくり過ごしました。

夕食

夜ご飯は、時間指定となっており、自分の好きなものを食べようと思ったら開始時間にはレストランに行くといいと思います。カニ汁もありましたが、すぐ無くなっていましたよ。私はぎりぎりゲットできました。(^^♪
箸が金属でできていて、韓国だなぁ。

朝食

おはようございます。
朝ごはんを食べに行きます。
炭水化物は、パン、赤飯、シリアルと種類が豊富でした。

釜山港へ入港

釜山が見えてきました。高層ビルが見えますね。

船尾から。昨日の雲行き怪しい空とは打って変わって、雲一つない快晴でございます。
釜山観光も十分楽しめそうです。

釜山の街並み。こうして見ると、山肌に多くの住宅が建てられていて、同じく港町の長崎を思い出しますね。

釜山港に入るところで、釜山港大橋の下をくぐります。

立派な斜張橋です

到着したら、行く予定の釜山タワーがみえます。

釜山港国際旅客ターミナルが見えてきました。
最近新しくできたそうで、建物がとてもきれいです。

そして、到着。下船しました。
船からブリッジを通って、入国審査などがあるターミナルまで歩きます。500mくらいかな、割と歩きました。

大阪港と比べると、だいぶきれいです。

この後、入国審査、保安検査を通り、無事韓国初入国できました。

コメント