【乗船記】桜島フェリー よりみちクルーズ 桜島を眺める50分の格安クルーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜島フェリーとは

鹿児島港と桜島港を結ぶ重要な航路を運航しています。
そして、24時間運航であるのが特徴で、深夜でも毎時1本、日中は15分間隔で運航されている時間帯もあります。
乗船時間は15分
料金は、大人200円、小児100円です。
桜島フェリー

 

スポンサーリンク

桜島フェリー よりみちクルーズ

観光用に、毎日「よりみちクルーズ」が鹿児島⇒桜島で運航されています。
運賃:大人600円、小児300円
時間:鹿児島港11:10発⇒桜島12:00  50分の乗船

注意しなければならないのは、片道運航であるため桜島で一旦下船することが必要で、桜島⇒鹿児島の乗船券は改めて買わないといけないので注意が必要ですね。

通常の定期船であれば、運賃は桜島での支払いですが「よりみちクルーズ」に関しては、あらかじめ鹿児島港の窓口で乗船券を購入する必要があります。

窓口で乗船券大人600円を購入しました。

「よりみちクルーズ」桜島丸に乗船

「桜島丸」に乗船します。

船内の様子

これが船内案内図です。
3階には、客席のほかにうどんを食べられるコーナーがあります。
4階からは外に出ることができ、外の風にふれることができます。

3階の様子

うどんコーナー

4階

3階から4階に階段を使ってあがってきました。

4階部分は、ほぼ全て外デッキになっていて、いすやテーブルが設置されているので、座ってゆったりと景色を楽しめそうです。

鹿児島港⇒桜島 桜島を見ながらの50分のクルーズ

船は定刻に鹿児島港を出港。
船は両方向に進めるようになっているので、旋回などが必要ないです。

右手には、貨物ターミナルなどが見えます。

正面には、桜島が見えます。山頂には雲がかかっていて見えにくくなっていますね。

奄美諸島を経由して沖縄へ向かうMARIX LINEが停泊しています。

こちらは鹿児島から種子島への貨物フェリー

鴨池・垂水フェリー、鹿児島と大隅半島の垂水港を結びます。
こちらのフェリーにもいずれ乗ってみたいですね。

船は左手に桜島を見ながら、南下し旋回して、桜島港へ。

まもなく桜島港に入港。

桜島港のフェリーターミナルは最近リニューアルされたらしく、とても新しいです。

桜島フェリーは、定期航路もありますがこの「よりみちクルーズ」乗船すると長時間(50分)乗船できるので、ゆったりと船旅を楽しむことができますよ。もちろん、桜島の眺めも最高です。
値段も大人600円と、各地で運航されているクルーズ船よりも手軽に乗船できるのも魅力ですね。

 

コメント