「2021年新造船情報まとめ」はこちら>>>

【ホテル滞在記】神戸ベイシェラトン 温泉もあるシェラトン

スポンサーリンク

神戸ベイシェラトンホテル

マリオットブランドには、宮崎にあるシェラトングランデオーシャンリゾート、西安にあるシェラトン、そしてモクシー大阪本町に滞在したことがあります。

シェラトンは、中国の西安で泊まってとても気に入ったホテルブランドです。

神戸ベイシェラトンホテルについて

株式会社 ホテルニューアワジ神戸が運営しています。ホテルニューアワジ100%出資だそうです。
ブランドは、世界的にも有名なホテルグループ「シェラトン」です。

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(公式)

アクセス

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズは、六甲アイランドにあります。

 

今回の予約について

マリオットに直接予約しました。
サービス料、税込みで12,540円。Go toトラベルで4,389円引き、地域クーポン2,000円分付きでした。実質6,151円ですね。
あとは、マリオットのポイントが付きます。
朝食付きでした。

客室 デラックスツインルーム

ツインのお部屋36m²です。
一番安い部屋(モデレートツイン28m²)を予約していたのですが、平会員の私でも少しアップグレードしてくれました。

窓際にはソファーがあり、景色を眺めながらゆっくりできます。

デスクもあります。

スリッパには、シェラトンのマークがついていますね。

茶器類や飲み物も充実。コーヒーメーカーはありませんでしたが。

パジャマは、上下別でズボンもあります。

入口付近には、荷物置きがあり、また客室に入る前にもドアがあり、廊下からの騒音対策がされています。

浴室は、シャワーブースの洗い場付きで非常に便利でした。
また、大理石張りですね。

洗面台も広くかったです。椅子も置いてありました。

無料のミネラルウォーターは2本。

アメニティは、シェラトンホテルに置いてあるもの。

客室からの眺めです。
南側よりも北側の方が眺めが良いようです。私の部屋は北側でラッキーでした。

六甲ライナーの新型車両も見えます。
新交通システムでゴムタイヤで走るため、騒音等は全く気になりません。

お部屋のカードキーと朝食券、温泉の入浴券です。

貸出品にバスローブがあり、電話して届けてもらいました。
チェックインの際にも大きな荷物は預かってもらえて、チェックイン後に部屋まで届けてもらえました。宿泊者が多いにもかかわらず、すぐに届けてくれることにサービスの良さを感じます。

ハイネケンビールを飲みながら、過ごす金曜日。

窓からは神戸の夜景が遠くに見えます。

ホテル近くも一部ライトアップされています。

天然温泉「濱泉」

3階には、神戸六甲温泉「濱泉」があります。
内湯も外湯もあり、茶褐色のお湯で肌がすべすべになりました。

入口には休憩スペースがあります。

無料のお茶は、体によさそうなお味でした。

朝食

朝食は1階にあるテラスレストラン「ガーデンカフェ」で。

オムライスは好きな具材を選んで、その場でシェフが作ってくれました。

デザートは種類がとても多かったです。

ビュッフェスタイルでした。盛り付ける際にはマスクの着用や手袋を付けることが求められており、いろいろ面倒なので、それならセットという選択もあっていいのかな、と思いました。

六甲アイランド 散策

ここからは、おまけです。

チェックインは15時で、それより前にチェックインしようとしたのですが清掃作業がまだ終わっていないということで1時間ほど空き時間ができました。
せっかく六甲アイランドに来たので、散歩してきました。

船好きの私は、「阪九フェリー新門司行き」や「さんふらわあ別府行き」、「オレンジフェリー新居浜行き」に乗船するために六甲アイランドは来たことがあります。(これまでに、4回は来ていることになるのか・・・)

六甲アイランドは、歩行者専用の道が1周あり、ランニングされている人も多くいらっしゃいました。

六甲アイランドの港側は貨物ターミナルになっています。
井本商運の貨物船「あしや」です。

シェラトンいいよね~
また泊まりたいね.

それでは,また.

コメント