2024年就航予定!今年就航予定の新造船 はこちら>>>

【乗船記】坊勢輝汽船「クィーンぼうぜ」坊勢島⇒男鹿島&男鹿島観光

スポンサーリンク

ここまでのはなし

姫路から高福ライナーに乗って,家島へ.

家島観光後,坊勢渡船にて,坊勢島へとやってきました.

スポンサーリンク

坊勢輝汽船「クィーンぼうぜ」

次は,坊勢輝汽船に乗船して男鹿島へ向かいます.

航路:姫路~(男鹿島)~坊勢島
料金:1,300円(姫路~男鹿島・坊勢島),650円(坊勢島~男鹿島)
時間:約30分(姫路~坊勢島)
船舶:「クィーンぼうぜ」(中型船),「はるか」,「ぼうぜ2」
(2023年8月時点)
男鹿島までの乗船券(650円)を購入しました.

乗船する便は中型船の「クィーンぼうぜ」です.

 

1階部分は広い客室です.

2階部分は屋根付きの広いデッキになっていました.

ゆっくりと坊勢島から出港です.

港を出ると,速度を上げていきます.
前面からの景色を見るよりも,航跡を見るのが好きです(^^♪

男鹿島は近く,約12分ほどで到着します.
山肌が見えているので,遠くからでも男鹿島だとわかりますね.

採石場があるので,かなり山が削られているのが分かります.

まもなく男鹿島に寄港です.
ここから乗船して姫路港に帰る乗客が多いようです.

男鹿島で下船したのは私一人だけでした.
まあ,姫路からじゃなくて坊勢島から男鹿島を訪れる観光客なんて,レアでしょうね.

スポンサーリンク

男鹿島 観光

男鹿島について

姫路市の南西18kmの播磨灘に浮かぶ,家島群島の主産業である採石業の作業場が多く所在する島.
(日本の島ガイドShimadas,日本離島センター参照)

坊勢島へは,坊勢輝汽船で姫路または坊勢島から行けます.

男鹿しか公園

まずは数少ない観光スポットである男鹿しか公園へ.
とぼとぼ歩いていると,すでに使われなくなってナンバープレートの外された車があったり,廃墟の建物があったりします.

男鹿しか公園
島の名前にちなんで鹿を持ち込んだのか

人間が訪れるのは珍しいのか,近寄ると興味深々に見てきました.
でも,あまり近づきすぎると小鹿が急いで逃げていきました.

 

採石場を外から覗いてみる

島の大部分が採石場のため,しばらく道路を進むとこの看板.
落石もあると危険なので立ち入り禁止です.

ここまで行って元来た道を折り返しました.

大きな石を取り出して,小さな石を取り除く機械かな?

すでに使われてなさそうなトラックが放置されていたりと,採石場と相まって廃墟感がすごい.

 

反対向きにも,しばらく歩くとこの立ち入り禁止看板.
仕方なく折り返しました.

元来た道をとぼとぼ帰ります.

でも,こんな感じで舗装していない道路の先に海があったりと,特撮映画に出てきそうな雰囲気です.

港近くまで戻ってきました.
一時期は栄えたのかもしれませんが,廃墟となった食堂や旅館が数軒あります.

特にすることもなく,港に戻ってきたので帰りの船まで海を見て過ごします.

のんびりしてたら,ネコが近くまでやってきました.
カワイイ~撫でたいけどビビりなので,引っかかれるかなと思ってさわれません泣

海を眺めて過ごします~

港の横は海水浴場になっていて,観光客の多くはここでの海水浴がメインのようでした.

帰りの姫路行きの船「クィーンぼうぜ」がやってきました.
小さい港で見ると中型船でもかなり大きく見えます.

男鹿島.これまで訪れた島とは雰囲気が異なり,採石場+廃墟感が組み合わさり,特徴的な島でした.
やっぱり行って見て感じることも多いですね.

 

男鹿島から離れます.

姫路港に帰ってきました.

1日で家島,坊勢島,男鹿島の3島を訪れる島旅でした.
家島諸島は関西からは日帰りでも行けて,良いところですよ~

それでは,また.

 

コメント