【乗船記】福岡市営渡船 博多~西戸崎~志賀島「きんいん」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここまでのはなし

阪九フェリー「つくし」に乗船して、福岡へやってきましたよ。

小倉駅からは「特急きらめき」787系で博多へと向かいました。

スポンサーリンク

福岡市営渡船「きんいん」博多⇒志賀島

博多では、観光!しかし、密を避けたい!ということで志賀島へ行こう!

博多港から福岡市営渡船に乗船して、志賀島へ!
志賀島は陸続きになっており、市内からはバスや鉄道でもアクセスすることができます。

博多港へのアクセス

壱岐や対馬への船が出ている博多港へは、博多駅から西鉄バスで行くことができます。

博多駅のF乗り場から西鉄バスに乗車して、終点の「博多ふ頭」まで乗車しました。

乗船券購入して乗船

ターミナル内の窓口や券売機で乗船券を購入することができます。

西戸崎経由で志賀島まで片道680円です。往復分買いましたが、往復割引はありませんでした。

博多港からは、玄界島にも市営渡船が出ていますね。なお、新型コロナウイルスの影響により、住民以外の玄海島への渡航は控えるように注意がなされていました。

ほかにも、九州郵船が運航する壱岐や対馬への高速船、フェリーも就航しています。

乗船の際に、スタンプが押されます。なお、乗船券は下船のときに回収されるので無くさないように注意が必要です。

 

「きんいん」に乗船 博多港⇒志賀島

行きは、小型船「きんいん」に乗船です。

船内はコンパクト。テレビが設置されています。

出港です。志賀島までは約30分。
アナウンスで英語放送があるのが特徴的でした。他の渡船では英語放送はなかなか聞く機会が無いですよね。

九州郵船の壱岐、対馬へ向かう「フェリーちくし」です。

海沿いには、サイロがあります。

九州郵船の運航する高速船ヴィーナスと反航します。

まもなく、西戸崎に到着です。
ここから、海の中道へも行けるそうです。

博多湾には、大型船も多いですね。

終点、志賀島に到着です。

こちらが、志賀島旅客待合所です。

志賀島 観光

志賀島は、金印が発見されたことで有名ですね。

ということで、金印公園まで歩いていきました。

公園の一番高いところまで上がると、展望台があります。
博多湾が望めます。

金印のレプリカも展示されていました。

この日は、梅雨明けしてすぐの日だったので、暑さに慣れておらず「暑い、暑い」…

大型船「きんいんⅠ」 志賀島⇒博多港

帰りは、大型船運行をねらって乗船です。(時刻表に記載がありました)

双胴船です。

船内は広いですね。

志賀島へは、マイカーで来る人が多いらしく乗船客は数人でした。大型船を運航しているのにもったいないですね。

途中、行きに乗船した「きんいん」と反航しました。

ということで、博多港へ戻りました。

次回は、ANAにて大阪へ帰ります!

つづく・・・

 

 

 

コメント