新造船 名門大洋フェリー「フェリーきょうと」はこちら>>>

【乗船記】おきしま通船「おきしま」海なし県の離島 “沖島”へ

スポンサーリンク

海なし県の離島 沖島について

海なし県の離島,琵琶湖に浮かぶ沖島を訪れました.
湖沼に浮かぶ有人島は世界的に見ても珍しいそうですよ.

琵琶湖の東岸,近江八幡市宮ヶ浜の北西2kmに位置し,湖沼にある島の中では日本で唯一の有人島.
(日本の島ガイドShimadas,日本離島センター参照)

スポンサーリンク

沖島へ

自転車で堀切港へ

近江八幡駅で自転車を借りて,沖島への船が出ている堀切港へ向かいます.
レンタサイクル駅リンくんで,1日500円という格安です.

なお,堀切港へはバスも出ていますが便数が少ないので事前に調べたほうがよさそうです.

変速機は付いていないため,こぐのが少しつらいですが・・・ほぼ平坦な道のりなので許容範囲です.
田園風景見てると癒されますね.

途中,道路わきに生えているツツジもきれいでした.

おきしま通船「おきしま」に乗船

近江八幡駅から約10km,自転車で50分ほどで堀切港に到着です.
漁港も兼ねているようですね.

待合室もあります.

こちらが時刻表.
約1時間ごとに出ています.

港で釣りをしている方も見かけました.
ここら辺は,琵琶湖の北側,北湖にあたり水質も南湖に比べて良いことから魚もたくさん取れそうですね.

GW期間中ということもあり,沖島に住んでいる方や観光客の方などで船はほぼ満席でした.

船内に乗船券の自動販売機もありますが,
乗船客が多かったので,船員の方から購入しました.
乗船料金は大人片道500円,往復1,000円です.

沖島通船

旅客船で,とても速いです.

乗船時間約10分で,沖島に到着です.

スポンサーリンク

沖島 観光

沖島内を観光します.
集落は,漁港に集中しています.

島内に自動車は無く,自転車や三輪車が主要な乗り物です.

路地には漁具が多く置いてあり,漁業が盛んなことがわかりますね.

湖に浮かんでいる島にいるとは思えなくて,どこか瀬戸内海の漁港にいるようにも錯覚します.

おきしま展望台

歩いていたら展望台への看板を見かけたので,行って見ることに

さきほど乗船した堀切港も見えます.

島内唯一の小学校「沖島小学校」です.
島内のみならず,島外からも通う児童がいるのだとか

狭い小道を歩いて,

なお,少しでも道を外れると害獣駆除用のワイヤートラップに引っかかるので注意です.

厳島神社

島の東側に位置する厳島神社にやってきました.
湖にも面しており,鳥居が湖上にも.

見はらし広場

神社の入り口の横にさらに展望台への小道が続いていました.

すぐに頂上までたどり着けると思いきや,ぐねぐねとした道が続き,なかなかたどり着けません.

厳島神社から20分ほど山道を登って,見はらし広場にやっと到着です.
展望台は,あまり開けたところになくてちょっとがっかりです.

元来た道を引き返します.
ちょっとした海浜ならぬ,湖浜?もありました.
水もきれいで,どこか沖縄の離島のよう?

帰りも同じ船「おきしま」で帰ります.

安土城跡

せっかく,自転車を借りたのでちょっと足をのばして安土城跡を訪れました.

入場料金とか要らないと思っていたのですが,入山料として大人700円かかりました.

結構急な階段を上ります.

頂上からは遠くまで見渡せるスポットもありました.

安土城が現存していたころは琵琶湖に面していたので,琵琶湖が埋め立てられて水田になった面積が広いことがわかります.

こちらが本丸跡です.
狭そうに見えますが,地下1階であることと石垣の風化で実際よりも狭いそうです.

初めて沖島を訪れましたが,こんな気軽に訪れられてかつ,景色も良い島があるとは!

関西からだと近いので,日帰り旅行もおすすめです.ぜひ,近くの安土城跡も込みで!

それでは,また.

 

コメント