【乗船記】阪九フェリー「やまと」新門司港⇒神戸港 DXシングル

スポンサーリンク

阪九フェリー「やまと」DXシングル!

2020年6月30日に就航した阪九フェリー「やまと」に再び乗船してきました.

船内の様子は前回紹介したので,↓を参照ください.

連絡バスは7月よりも大型化

前回乗船したのは7月上旬で,新型コロナウイルスで自粛開けでした.また,Gotoトラベルがまだ始まっていなかったため,乗船客は少なかったです.

こちらが7月上旬の連絡バスです(泉大津連絡の1便目)

そして,今回(11月上旬)のバス(泉大津連絡の1便)
この日は泉大津行きの便に団体が乗船しているようで,こちらのバスが2台でした.
泉大津連絡のバスでも神戸行きのターミナルに最後に寄ってくれるので早くターミナルに到着したいときは便利です.

乗船する阪九フェリー「やまと」です.

阪九フェリー「やまと」 DXシングル

阪九フェリー「やまと」についての概要と船内の様子については前回紹介したので割愛します.
今回利用したのは前回と同じく,デラックスシングルです.

窓やトイレはありませんが,個室で最低限の設備が整っています.

テレビもあります.航路表示もできるため,今どこを航行しているのか確認できます.
航行中は電波の悪いところもあり,地上デジタル放送は映像が乱れることがあります.BSはきれいな映像が見られます.

洗面台もあります.歯磨きや洗顔に個室外に出ないでいいのは助かります.

テーブルも広くて,ビジネスマンでも作業できますね.新幹線や飛行機では揺れが気になりますが,瀬戸内海を航行する大型フェリーのためほとんど揺れません.よって,船に乗っていることを忘れるほど.
電気ポット,ほうじ茶(粉タイプ)が2つ,浴衣,歯ブラシ,タオル(ふねこの柄)があります.
また,前回(7月上旬)との変更点ですがスリッパが使い捨てタイプに変更になっています.また,消毒液が設置されていました.

DXシングルは最上階の7階に位置しており,同じく最上階にある露天風呂に行くには便利です.
また,ソファーなどもあり外の景色を眺めながらくつろげます.

新門司港,出港

「やまと」は18:40定刻に新門司港を出港です.
冬に近づき,この時間ではもう真っ暗です.

ファンネルもいつも通り撮影

夕食はレストランで

夕食は,Go toトラベルキャンペーンでもらえた地域共通クーポンを利用しました.
これで1,300円くらいです.刺身が高くて800円くらいしました.新鮮なぶりでおいしかたです.
貝汁も身がぷりぷりでおいしかったです!(^^)!

売店でお酒を購入

朝食はフェリーオリジナルのパン

朝食はレストランで食べることが多いのですが,下船まで部屋でゆっくりしたかったので売店で阪九フェリーオリジナルのパンを購入しました.一つ180円でした.バターが効いていて美味しかったクロワッサンとウインナーの入ったパン.

 

神戸港,入港

早朝5:50頃に明石海峡を通過したらしいですが,その頃は夢の中でした.(笑)

大阪湾へと入り,まもなく神戸港です.

阪九フェリーの神戸港は六甲アイランドにあります.
六甲アイランドからは,オレンジフェリーの新居浜行き,さんふらわあの大分行きが就航しています.

奥に見えているのは,さんふらわあの「さんふらわあ ぱーる」です.

阪九フェリーのバスもあるのですね!初めて見ました.USJ行きの連絡バスだそうです.

定刻7:10に神戸港に着岸しました.

神戸港から,アイランド北口,阪神御影,JR住吉,阪急御影へは連絡バスで行けます.アイランド北口までは無料,阪神御影以降の停留所で下車する場合は230円です.
この日は乗車する方も多く,立ち客も数人出る程度でした.中にはスーツを着た方もいて驚きました.旅行の帰りでそのまま出社?または出張でフェリー利用でしょうか.
そういう自分もこのあと一旦家に帰宅して荷物整理した後,大学へといったのですが・・・

スポンサーリンク

おわりに

阪九フェリー神戸便に乗船しました.なお,神戸便は曜日によって出港時間など違うので注意が必要です.公式HPを参照してくださいね.

前回乗船したときと変わらず,新しさを維持した船内でしたね~何度乗ってもまた乗りたくなる,そんな阪九フェリーの新造船「やまと」であります.

それでは,また.

 

コメント