新造船 さんふらわあ「さんふらわあ くれない」はこちら>>>

【バス乗車記】一畑バス くにびき号 松江駅⇒大阪梅田(阪急三番街)

スポンサーリンク

一畑バス「くにびき号」松江駅⇒大阪梅田

大阪と松江・出雲を結ぶ高速バス「くにびき号」は,以前にも乗車したことがあり,今回は2回目の乗車です.

「くにびき号」について

経路:出雲市駅~松江駅~新大阪~大阪(阪急三番街)
運行会社:一畑バス,阪急観光バス,中国ジェイアールバス
設備:3列シート(トイレ付)
運賃:大人片道5,100~6,000円(大阪~松江)
運賃は日時変動制,早割あり,学割なし
所要時間:4時間半(松江駅~大阪梅田)
(2022年12月時点)
一畑バス

松江・出雲と大阪を結ぶ交通手段としては最安であり,飛行機や鉄道に比べると時間はかかりますが,松江市内・出雲市内中心部へは乗り換え要らずで行けることもあり,利便性は高いです.

今回は松江駅から大阪梅田まで利用しました.
乗車料金は片道5,500円でした.(乗車日によって運賃が変わる変動制です.なお,学割制度はありません)

松江駅から乗車

松江駅から乗車します.
シンプルなデザインですが,高級感があって好きです.
(大阪でこのバスを見かけると嬉しくなるんですよね(笑))

車内

車内は3列シート.2+1列です.

ちょうど自分の前にトイレがありました.
車内は日曜日の夕方ということもあってか,満席でした.

乗車の1週間前くらいに予約サイトを見てみると,満席表示となっていました.コロナ禍前であれば,2台目の用意とかもあったと思うのですが,運転手不足なんでしょうか?

USB充電もある他,レッグレスト,フットレストもあり,JRの特急と比べると座席のグレードが明らかに違います.

松江⇒大阪へ

バスは定刻に松江駅を出発.
乗客の7,8割は松江駅からの乗車で,出雲方面からの乗車は少なめです.
大阪まで約4時間半ほどのバス旅です.

日野川を渡ります.

米子を過ぎると,右手奥に中国地方最高峰の大山が見えてきます.
以前,友達に「島根県といえば何を思い浮かべる?」と質問したときに
「大山」と答えた人がいて,
「それは鳥取なんだよな~」と笑って返した思い出があります.
(大山は鳥取県の西にあるので,島根にあると思ってもまあ仕方ないかな~って思います(笑))

途中,大山PAで16:35~16:50まで15分間の休憩です.
トイレ休憩箇所はバス運行会社によって異なっており,一畑バスの場合は大山PAと安富SAです.
(以前乗車した阪急バス運行便では,蒜山高原SAと加西SAでしたね.今はどうか知りませんが)

夕日に照らされている一畑バス,ロゴもカッコいいです(^^♪

ここからは日が暮れて外は真っ暗だったので写真はありません.

この後,安富SAにて18:30~18:45の15分間休憩がありました.

そして,西宮北インター,宝塚インター,千里ニュータウン,新大阪と停車し,
終着,大阪梅田(阪急三番街)には定刻通りの到着でした.

故郷である島根には時々帰省するので,また利用しようと思います.
これにて,1泊2日隠岐旅行終了です.

それでは,また.

コメント