【乗船記】四国フェリー宇高航路の最終日にお別れ乗船

スポンサーリンク

2019年12月15日をもって休止となった、宇高航路(宇野~高松)。
最終日に乗船してきた時の様子について書いていこうと思います。

宇高航路の1便船に乗船するためには、宇野港周辺に泊まるしか方法がなく、前日はゲストハウスに宿泊しました。

大阪から宇野へ 初めてゲストハウスに泊まってみた
宇高航路が2019年12月15日に廃止されるということを聞いて、最終日に乗船してみることに。宇野港発の1便に乗船するには宇野港周辺に泊まるしか、ないようだったので(自家用車があれば行ける)前日に大阪から宇野港へ移動し、宇野港周辺の宿にて泊ま
スポンサーリンク

四国フェリー「第一しょうどしま丸」宇野港⇒高松港

滞在したゲストハウスから徒歩5分ほどで宇野港にたどり着きました。宇高航路が今日で廃止なので、港には多くの方がいらっしゃいました。

高松行きの6:25発便に乗船します。

すでに引退した船「玉高丸」のスタンプがありました。

自動券売機もありましたが、みなさん有人の窓口で買っていました。
チケットはこっちの方が風情があっていいですね。

左半分を乗船する時にわたします。右半分はもらうことができるので、記念になりますね。

乗船時間は65分。JRだと、快速マリンライナーで高松~岡山が1時間を切るので、みなさんそちらを利用してしまい、休止に追い込まれるのは仕方ないことか・・・

朝6時ですが、まだ暗い。
これから乗船する「第一しょうどしま丸」です。

高松港⇔宇野港、の文字も消えてしまうのか。


それでは乗船!

ランプウェイを通って、階段を通って2階の客室へ。

船内は、1階部分が車両甲板、2階部分が客室となっています。
売店もあり、売店の前には名物のうどんを食べることのできるスペースがあります。
しかし、朝いちばんの便ということで、売店はやっておらず、うどんは食べることができませんでした。残念。

客室の階から階段を上って、上へ

ファンネルには、オリーブが描かれています。

船は定刻に宇野港を出港。

だんだん日が昇ってきて、明るくなりました。

きれいな朝焼けも見ることができました。

まもなく、高松港へ入港。

入港前に船は旋回します。


高松港で下船です。
意外と短い船旅でした。

高松港における「宇野行」という表示も消えるのか。

高松港からは、さきほどよりもより多くのお客さんが乗船されました。

宇高航路に再び乗船できて幸せでした。

また復活することを期待しています!

船内でうどんを食べることができなかったので、高松駅にて連絡船うどんをいただきました。

その後、高松駅から瀬戸大橋を渡って、笠岡へ向かいました。

笠岡に行ったのは、笠岡諸島の北木島へ行くため、次回へつづく。

【乗船記】笠岡フェリー新造船「第弐拾八大福丸」 笠岡港⇒豊浦港
宇高航路のさようなら乗船をしたあと、電車に乗って笠岡駅までやってきました。 笠岡駅から徒歩12分ほどで笠岡港(伏越港)...

コメント