新造船 名門大洋フェリー「フェリーきょうと」はこちら>>>

【乗船記】新日本海フェリー「らいらっく」寄港便 苫小牧⇒敦賀 34時間の長時間船旅

スポンサーリンク

ここまでのはなし

大阪から新門司まで,名門大洋フェリーを利用しました.

福岡空港からAIR DOを利用して,新千歳空港へやってきました.

スポンサーリンク

新日本海フェリー寄港便に乗船

苫小牧東港へ

新千歳空港駅から快速エアポートに乗って,1駅目の南千歳駅で乗り換えます.

北海道は7月末でも涼しく,半袖から長袖に着替えました.

南千歳駅からは,普通苫小牧行きに乗車します.
土曜日の昼間の便ですが,乗車している方は少なくガラガラでした.窓がすごく汚れてますね…

苫小牧駅に到着~

次の列車まで時間があったので,駅構内のカレー屋さんで夕食です.
揚げたてでおいしかったです.

苫小牧駅からは日高本線に乗ります.
1両のワンマンです.

日高本線は便数が少ないです.

列車は途中,シカが線路内に立ち入るため,汽笛を鳴らして徐行運転しながら進みます.
北海道らしいですね.

進行方向右手には新日本海フェリー「らいらっく」がちらっと見えました.

途中の浜厚真駅で下車します.

同じ駅で降りたのは,他に学生2人でしたが彼らは保護者の迎えがあったようです.
駅にいるのは私一人になりました.

駅前には,街灯も歩道も無い道路が1本.
民家は数軒見えましたが,1軒ずつがかなり離れているようです.

ここから苫小牧東港まで約1.6kmほど歩きます.

遠くからでも船が見えるので,目的地に迷うことはありませんでした.
ただ,歩道が無いので時々車が来ると,歩行者をよけてくれるのか不安になります.
こんなとこ歩いているの私くらいですから.

無事,苫小牧東港に到着です.
正直,今回のルートは夏場の昼間に限りますね.(冬は夕暮れが早いし,街灯も無いので無理ですね)

フェリーターミナル前には既にこれから乗船する自動車やトラック,バイクが多く終結していました.

乗船手続き

今回は苫小牧~敦賀(寄港便)のツーリストAを予約しました.

学割適用で9,920円でした.
なお,寄港便でも直行便でも値段は同じなので,自分としては長く乗ってられる寄港便がとてもお得に感じますね.

乗船する寄港便は,苫小牧東⇒秋田⇒新潟⇒敦賀と寄港しながら終着の敦賀港まで向かいます.
今回初めて全区間を乗船します.

新日本海フェリー

外観

今回乗船する新日本海フェリー「らいらっく」です.

船内

船内は,前回乗船した際に紹介したので今回は割愛.

船内中央部は吹き抜けの空間です.

共有スペースも広くて,長時間の船旅でも快適に過ごせます.

航海

苫小牧東港 出港

苫小牧港,出港の時間ですが,トラックの積み込みがされてます.
積み込みに時間がかかり,出港が遅れるようです.

ターミナルの反対側には,北海道電力苫東厚真発電所があります.

定刻よりも約20分ほど遅れて,19:50頃に苫小牧東港を出港しました.

船は寝てる間に津軽海峡を通って日本海へ.

朝食

レストランで朝食です.

モーニングセット(600円)を注文しました.
海を眺めながらの食事は最高です!

東京九州フェリーではパンが温かくてよかったのですが,新日本海フェリーでは温めてくれないようで冷めてました.ちょっと残念.

秋田港 入港

まもなく,秋田港に入港です.
昨夜の出港は遅れてましたが,定刻通り7:35に入港です.

港外で,姉妹船の「ゆうかり」と反航します.

秋田県の沿岸部では風力発電が多くありますね.

洋上風力発電も建設中のようです.

風力発電の羽の部分は,船で運んできたようです.

秋田港のターミナルです.
大学1年生の夏にここ秋田港から「らいらっく」に乗り,船旅にはまったのです.

秋田港には約1時間停泊しました.

出港後は,大浴場を利用したり,船室でだらだらします.

昼食

昼ごはんはエビマカロニグラタンセット(1,100円)です.

雲も減ってきて,快晴..まさに航海日和!(^^)!

 

新潟港 入港

夕方になり,まもなく新潟港です.

昨年は,ここ新潟港から敦賀港まで乗船しました.

停泊中に,佐渡汽船のジェットフォイル「すいせい」が見られました.

新潟港を出港し,最終目的地である敦賀港へ.

夕食

夕食は,ホッケ定食(1,580円)と生ビール(570円)です.

ホッケとビールが良く合いますね(^^♪

お土産として,売店で北海道限定のサッポロクラシックとリンゴサイダーを買いました.

デザートには北海道プリン.

敦賀港 入港

敦賀港の到着は5:30と,かなり早起きしないといけません.

敦賀港外を航行していました.

 

定刻通りの到着です.

敦賀港から敦賀駅までは,シャトルバス(有料)が出ています.

スポンサーリンク

敦賀駅から大阪へ

敦賀駅からは,快速(途中から新快速)に乗って大阪へ.
ダイヤ改正により,敦賀駅発が5:57発になっていたので,乗り継ぎはぎりぎりでした.

今回,切符はあらかじめ青春18きっぷを買っておいたので,すんなりでしたが切符を買っている余裕はないので(みどりの窓口もこの時間帯営業無し),前もって買っておくほうがいいですね.

この便に乗ると,京都には7:32,大阪には8:06と仕事場や学校にも間に合いますね.
まあ,この便に乗れないリスクもあるわけですが・・・
(その場合は特急サンダーバード利用という手も)

これにて,九州経由の北海道旅行終了.

ほとんど船の中での旅でしたが,楽しかったです~
また今度は北海道内もじっくり巡りたいものです.

それでは,また.

コメント