新造船 名門大洋フェリー「フェリーきょうと」はこちら>>>

【乗船記】大宰府・柳川観光きっぷで行く!柳川川下り

スポンサーリンク

ここまでのはなし

1日目は,福岡市の離島,能古島を訪れました.

スポンサーリンク

西鉄で柳川へ

福岡天神駅から西鉄電車で,柳川へ向かいます.
西鉄電車に乗るのは,3年ぶりくらいかな~

今回使用した切符は,「大宰府・柳川観光きっぷ」です.
天神から大宰府・柳川への往復乗車券と川下りの乗船券がついてきて,3,080円です.

お得きっぷ|西鉄(にしてつ)
西鉄電車でお得に行こう!
スポンサーリンク

柳川 観光

柳川 川下り

柳川といえば,川下りです.
お堀を通る船といえば,私の地元松江市にも「堀川遊覧船」があり,何度か乗船したことがありますね.

柳川駅から松月乗船場までは,シャトルバスがありました.

こちらが乗り場.屋根が無い船がたくさん.
川下りで有名な柳川には,船会社がいくつかあります.今回大宰府・柳川観光きっぷに付いていた川下りは,柳川観光開発株式会社でした.

乗船しました.
この便の乗船客は私以外に1人.乗船者は,船頭さんも含め合計3人でした.

途中,橋をくぐったりして楽しい.

モーター等はなく,船頭さんが船底を木の棒で突いて推進するので,静かです.

通常であれば,この城堀水門に入るのですが,残念ながら水落期間と呼ばれる堀の清掃期間で通常のコースではななく,折り返しのコースでした.

こちらは特別ルートで通る水路みたい

船頭さんの話や歌が良かったです!

下船後は,とぼとぼ歩いて,柳川の観光中心街へ向かいます.
ほんとに至る所に水路があって驚きです.

柳川の観光の中心街です.
通常であれば,ここまで船で来て下船でとなるみたい.

街をぶらぶら歩いていると,「さげもん」と呼ばれる飾り物の展示がありました.
ひな祭りに合わせて展示されているようです.

白秋生家・記念館を訪れました.
詩人の北原白秋は,この地で育ち,柳川を題材にした詩が多いそうです.

館内にもさげもんがありましたよ

昼食 柳川鍋

柳川といえば,うなぎのせいろ蒸しだそうですが,ちょっと学生には料金が高かったので
柳川鍋を注文しました.

ドジョウを使った卵とじ料理です.
外は寒かったので,温まりました.

 

温泉 かんぽの宿

「大宰府・柳川観光きっぷ」に付いてきたクーポンの中に,日帰り入浴割引券(100円引き)があったので入ってみることに.

料金は,510円(2022年4月から600円)のところ100円引きの410円で温泉に入れます.
5階の展望大浴場,1階の露天風呂の2か所があり,どちらも入れる言われましたが,時間の都合上5階の展望大浴場に入りました.

5階の展望大浴場は,内湯のみですが外の景色が良く見えて開放的で良かったです.
温泉の泉質も良く,ぽかぽかになりました.

大宰府へ

柳川駅へもどり,再び西鉄電車に乗り,今度は大宰府へ向かいます.

太宰府天満宮に着きました.3年ぶりくらいですかね.
日ごろのお礼ができました.

境内には,梅が咲いてました.

今回買った切符についてきた抽選券でくじを引いたところ,まさか当たってしまいました!
なんと1,000円分.

帰ろうとしてた時に,太宰府駅で抽選したのですが...
元来た道を引き返してお土産を買いました(^^♪

太宰府駅からも西鉄を利用して,福岡へと戻りました.

そして,今晩の宿へ・・・果たしてその宿とは???
つづく・・・

コメント