「2021年新造船情報まとめ」はこちら>>>

【乗船記】国際両備フェリー 新造船「第十一こくさい丸」池田(小豆島)⇒高松

スポンサーリンク

国際両備フェリー 池田(小豆島)⇒高松

国際両備フェリーについて

両備グループが運航する国際両備フェリーは,高松航路(高松~池田(小豆島))岡山航路(新岡山港~土庄(小豆島))を運航しています.

岡山航路については,以前に「おりんぴあ どりーむ せと」に乗船しました.

航路:池田(小豆島)~高松
料金:700円
時間:約1時間
船舶:「第一こくさい丸」,「第十一こくさい丸」
(2021年8月時点)

国際両備フェリー高松航路

新造船「第十一こくさい丸」に乗船

2021年7月21日から就航した新造船「第十一こくさい丸」に乗船します.

外観

「第十一こくさい丸」が高松からやってきました!
虹が描かれた船体です

外部デッキにいる,ぞうさんが特徴的で遠くからでも分かります.

 

船内

屋根が特徴的な池田港から乗船します.

池田港の売店では御船印が販売されており,これから乗船する「第十一こくさい丸」の御船印(300円)を購入しました.ゾウさんが描かれていてかわいらしいですね(^^♪

乗船券を見せて乗船です.

1階は車両甲板.

2階と3階に客室があります.
客室内に入ると新品の香りがします

2階の客室は,船尾側にはカーペット敷きがあり,それ以外はソファーや椅子席でした.

黄緑色の座席で,船内は落ち着いた色にまとまっている印象です.

新しく就航した船で,コチョウランが置いてありました.

座席モケットは,ゾウ柄でかわいらしかったです.(写真撮るの忘れてたわ)
窓付近にはコンセントもあり,スマホの充電ができるのでありがたい設備です.

船首側の前方座席からは,前面展望も楽しめます.
女性専用席の看板も見かけましたが,この日は乗船人数が少ないためか,女性専用席の設定はないようでした.(他の場所にあって見かけなかったせいかも?)

階段を上がり,3階へ

3階には団体利用も想定されている展望ラウンジホライズンがあります.
54名様まで貸切が可能だそうです.
団体の利用が無い場合は,誰でも利用できます.

3階から外部デッキにでると,屋根付きの椅子席もありました.
ここは風にあたりながら船旅楽しめるので,気に入りました(^^♪

外部デッキには,ブランコや

メリーゴーランドも設置されています!

そして,船尾のマストにはぞうさん!

船首側と船尾側の両方にエレベータがあります.
1,000トンクラスの船で2基のエレベータがあるのは日本初だそうです.
バリアフリーにも配慮がなされていますね

小豆島から高松への60分の航海

船内を見て回った後は,外部デッキに出て瀬戸内海を眺めていました.

同じ航路を運航している姉妹船の「第一こくさい丸」と反航します.
こちらはパンダが特徴的です.

まもなく高松港に到着です.

小豆島~高松航路は,地元のお客さんが多いせいか,外部デッキに出ている人はほとんどいなかったです.(前に土庄(小豆島)~高松に乗船したときもそうでしたね)

快適な船だったので,また乗りに来たいですね.

次回は,高松港からあの島へ.

つづく・・・

コメント