【搭乗記】JAL B737-800に搭乗 大阪関西⇒新千歳 久しぶりのほぼ満員のフライト

今回から数回にわたり、北海道・青森へ行った旅行記について書こうと思います。

スポンサーリンク

関空の現状

行きは関西空港から出発。
伊丹空港でも良かったのですが、久しぶりに関空に行ってみたいということもあり….

関空までは南海電車で。

2階から4階国際線出発階へのエスカレーターは運転停止中で、エレベーターまたは階段の利用のみでした。

4階国際線出発階の様子。電気もほとんど消されていて、歩いている人は数人でした。
多くの人でにぎわっていた様子を知っている人からすると、異様な光景であります。

国内線はそれでも徐々に復活してきており、2階国内線出発階にはそこそこお客さんがいました。
私が乗るのは9:20発JAL2501便札幌新千歳行きです。なお、中国東方航空、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、バンコクエアウェイズ、マレーシア航空とのコードシェア便です。

手荷物を預けて、保安検査を通過し、搭乗口へ。

スポンサーリンク

JAL B737-800 大阪関西(KIX)⇒札幌新千歳(CTS)

搭乗するB737-800

搭乗ゲートは23番。

ほぼ満員で出発。本日は土曜日、北海道に観光に行く人はかなり多いようです。

横にはジェットスター。LCCだけど、第1ターミナル使用で便利のいいジェットスターです。
前回は、関空から高知まで約1,000円で行ってきました。

なお、同じくLCCのピーチは第2ターミナル発着です。

離着機が少ないので、すぐに離陸。

曇りで、眼下の景色はほとんど眺められなかったです

分厚い雲の上は青空。

紙のお茶ではなく、ドリンクサービスも再開しました。
ただし、ホットドリンクの提供はしていないため、ホットコーヒーやスープはいただけません。
やや寒い機内では温かいドリンクが欲しいところではあります。

お!虹が見えるね。

雲を抜けて

北海道の大地が見えてきました。

苫小牧市内上空を通過。
苫小牧港が見えました!(夕方に行くところだ!)

ズームすると、商船三井フェリーや川崎近海汽船(シルバーフェリー)、太平洋フェリーが並んでいますね。

空港の周りは、自然たくさん。札幌新千歳空港に着陸。
広大な大地が広がる北海道。

札幌市内へは、JRで約40分ほど。駅も空港直結で分かりやすくて近い!
他にもバスでアクセスすることができますが、少し安いだけで時間がかかります。

快速エアポート。
なお、新千歳空港駅から乗車した乗客はあまりいませんでした。私の乗った車両に3人くらい。
あの機内にいた大勢の乗客はどこへいったのだろうか?おそらく、レンタカーで北海道を観光するのかもしれませんね。

信号トラブルがあり、少々遅れて札幌駅に到着。

札幌駅外観。
北海道に来るのは、約20年ぶり。私が2,3歳だったころに来たらしい。もちろん記憶は無いです。

フライトログ
日時: 2020年9月26日
便名: JL2501  (AY5065, HA5455, MH9175, MU8760, PG4172, CX6356)
機種: B737-800  (JA343J)
区間: 大阪関西(KIX)9:20→札幌新千歳(CTS)11:10
クラス: economy class窓側
航空券: JALカードnavi 減額マイル特典航空券3,000マイル
航路: 関西空港9:29離陸 最高高度40,000ft 新千歳空港10:56着陸
たまったマイル: なし

次回、札幌観光と高速バス乗車記です。

つづく・・・

コメント