【乗船記】瀬戸内クルージング「シトラス」瀬戸田(生口島)⇒尾道駅前

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここまでのはなし

大阪から日帰りで、しまなみ海道サイクリングをするためにやってきました。が、自転車を借りることができず・・・
徒歩15km+フェリー+路線バスでしまなみ海道をめぐっています。

スポンサーリンク

瀬戸内クルージング「シトラス」に乗船!

徒歩+路線バスで、井口島の瀬戸田港へとやってきました。

もうすでに夕方で、足も痛いことですから船で尾道まで戻ります。

こちらが瀬戸田港。

瀬戸田港の待合室内には、瀬戸内海を航行する様々な船が展示されています。

瀬戸田港からは、三原、尾道などへ行けます。

こちらの尾道行き「シトラス」に乗船します。すでに行列。
尾道まで大人1,300円です。自転車を持ち込む場合は追加で500円かかります。

一足先に、三原行きのマルト汽船「サンロマンスⅡ」が出発。この船に乗船している方は少なかったです。しまなみ海道の出発地点、尾道に帰る人が多いようです。

「シトラス」は全体が黄色の船です。

「シトラス」と同じく、瀬戸内クルージングが運航する「サイクルショップ ラズリ」です。
自転車を持ち込む人は、こちらの船に乗船して尾道へ向かいます。

満席で出発です。窓側をゲットすることができなかったので、後ろの景色を座席に座りながら眺めていました。

途中、因島などを経由して乗客を拾いながら終点、尾道駅前まで乗船。

下船後、瀬戸内クルージング「GOLD Ⅱ」が停泊していました。

暑さもなくなり、秋晴れとなったので多くの人がしまなみ海道を訪れていたようです。

尾道駅前も多くの人で賑わっていました。

夕食は、尾道ラーメンを食べて・・・

大阪へと戻ったのでありました。
しまなみ海道日帰り旅、おわり。

コメント