「2021年新造船情報まとめ」はこちら>>>

【乗船記】山陽商船「第七さんよう」 垂水(大崎上島)⇒竹原

スポンサーリンク

ここまでのはなし

広島からバスで御手洗へ.

御手洗からは,しまなみ海運にて大崎上島へやってきました.

スポンサーリンク

山陽商船 垂水⇒竹原

山陽商船について

航路:垂水(大崎上島)~竹原
料金:350円
時間:25分

他にも,白水~竹原航路もあり

山陽商船(公式)

「第七さんよう」に乗船

乗船するのは,山陽商船の「第七さんよう」です.
めばる港から走ってきましたが,ぎりぎり間に合いました.

乗船時に,JR西日本のsetowa広島ワイドパスを提示して乗船しましてが,船員の方からは「これで乗船できるの?」と逆に聞かれて困りました.
setowaパスを使って乗船する人が少ないため,船員の方は把握していないのかもしれませんね.

船内の様子

1階は,車両甲板.

2階は客室になっています.

船内中央部にトイレなどがあります.このタイプは珍しい?

椅子席の他にも,カーペットの席もあります.

乗船人数は10人にも満たなく,地元の方中心ですが日中なので利用は少なかったです.

ゆったり航海

垂水港を出港です.

船首には,山陽商船のSマークの旗がはためいています.

穏やかな瀬戸内海を航海
梅雨時期ですが,青空も少し見えて良い航海です.

竹原港から来た「第五さんよう」と反航します.

あっという間に竹原港に入港です~

竹原港のターミナルです.

竹原港からは,芸陽バスで竹原駅へ向かいました.
ここでも運転手にsetowaパスを提示しましたが,運転手の方は使えることを把握していないようでした(笑)

スポンサーリンク

竹原から大阪へ戻る

電車まで時間があったので,竹原駅前を散策.
竹原駅前には,商店街がありましたが日曜日であることもあってか営業している店は数店だけでした.

竹原には街並み保存地区があり,そちらにも行って見たかったのですが,駅から少し遠いので今回は諦めました.

JRにて三原を経由して福山へ.

福山からは,700系こだまで大阪へ戻りました.
2+2列シートでゆったりして最高~

岡山駅で長時間の停車があったので,駅売店で瀬戸田レモンチューハイを購入して,今回の旅を締めくくることにします.

大阪から福山まで新幹線往復+宿1泊で8,000円とお得な旅でした.
(JTBのダイナミックパッケージで大変お得なプランでした)

たくさん船に乗れて,幸せだった~

それでは,また.

コメント