新造船 名門大洋フェリー「フェリーきょうと」はこちら>>>

【乗船記】名門大洋フェリー「フェリーふくおか」2022年3月就航!大阪⇒新門司

スポンサーリンク

名門大洋フェリーとは

歴史

名門大洋フェリー」は「名門カーフェリー」と「大洋フェリー」が1984年に合併してできたフェリー会社です。
ともに1972年から就航しており、「名門カーフェリー」は大阪港と新門司港、「大洋フェリー」は大阪港と苅田を結んでいました。苅田(かんだ)は、福岡県北東部にあり、北九州空港に近いところですね。
(市民の港 大阪港150年の歩み -大阪港は市民のたからもの 森隆行著 を参照)

航路

現在では、大阪南港と新門司港を1日2便/往復しています。
1便船は17:00に出港,翌朝5:30に到着
2便船は19:50に出港,翌朝8:30に到着です.
(2022年5月時点)

航路は大阪南港から出港し,明石海峡を通り瀬戸内海を航行します. 穏やかな瀬戸内海を航行するため,揺れはほとんど感じませんね.台風時は少しは揺れるのかな?

船舶

名門大洋フェリーは4隻所有しており,
「フェリーおおさかⅡ」と「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」,そして新しく就航した「フェリーきょうと」,「フェリーふくおか」が活躍しています.

新造船「フェリーきょうと」は2021年12月16日に就航し,「フェリーふくおか」は2022年3月28日に就航予定です.

そのため,主に1便船を担当していた「フェリーきょうとⅡ」と「フェリーふくおかⅡ」は引退予定です.

新造船の公式ページもできていますね.
名門大洋フェリー(公式)

スポンサーリンク

フェリーふくおかに乗船

今回の予約について

今回は,2便船を予約しました.
ツーリスト利用で,6,920円(Web予約)でした.

新造船「フェリーふくおか」に乗船

主要要目

総トン数:約15,000トン
最大速力:25.20ノット
旅客定員:675名
車両積載台数:トラック162台,乗用車140台

外観

船全体は,撮影できなかったので一部を.

船内

船内入ると,中央部に吹き抜けの階段があります.阪九フェリーほどの広い吹き抜けはありません.

「フェリーふくおか」は,青色が基調になっていますね.

外部デッキに出てみました.
ちょうど日暮れで水平線付近のグラデーションがきれいです.
名門大洋フェリーのロゴ付きの大きなファンネルはかっこいいです~

客室 ツーリスト

「フェリーきょうと」に乗船した際には,新造船に新設されたコンフォートを利用しました.

今回は,相部屋のツーリストです.

上下二段に分かれています.
Web予約の際に,位置を確認して予約できるため,他の乗客と向かい合わせにならないように予約を取れば,個室感が出るかも.(私は直前に予約をして座席指定したので,向かい側には誰も来なかったです.ラッキー)

客室内は,これまでの船と同様ですかね?
ライトとコンセント1口,小物置き,ペットボトルフォルダーがあります.

足元には,荷物を置けるスペースが作られており,これは役立ちますね.

大阪南港,出港

乗船から出港まで1時間ほど時間があったので,先に大浴場に入りました.
乗船後は,大浴場が混んでいるイメージがあり,避けていたのでしたが意外と利用者が少なく,ゆったりできました.混んでいなければすぐに入りに行くのもアリですね.

19:50に大阪南港を出港です.
向かい側には,22:00に出港するオレンジフェリー「おれんじ えひめ」が出発の準備をしていました.オレンジフェリーにはここ数年乗っていませんね.そろそろ乗りに行こうかな~

出港後は,港内でゆっくり旋回します.

夕食

新造船就航記念で,夕食通常価格1,600円のところ1,000円でした.
料金がお得なだけあって,レストランの利用者はかなり多かったです.

名門大洋フェリーの食事は,以前に比べてクオリティが上がっているように感じます.

夕食後は,売店で御船印を購入しました.
新造船就航記念の限定御船印(右)もまだありました.

新門司港へ向け,周防灘を航海

翌朝天候は,やや曇り空でした.

昨日は,夕食でかなり食べたのでレストランで食べるほどではないと思い,簡単に売店のコーヒーと持ち込んでたおにぎりを食べました.
プロムナードには,海側に向いた座席が多くあるので,ここでゆっくり海を眺めるのも良きです.

新門司港に入港です.

前方には,神戸港からやってきた阪九フェリー「せっつ」が同じく入港していました.
今年は,「せっつ」の船内で年越ししましたね.

ゆっくりと着岸しました.

新門司港からはシャトルバスに乗車して,小倉駅へ.

スポンサーリンク

小倉から東へ

小倉から新幹線で山口方面へ.

ちょうど乗車した列車は,N700Sでした.
新しいのですが,座席が硬いのが気になりました.(前もこんな硬さでしったけ?)

さて,次も船に乗りますよ.

つづく・・・

コメント