「2021年新造船情報まとめ」はこちら>>>

【乗船記】佐渡汽船「ときわ丸」1等椅子席 新潟⇒佐渡島

スポンサーリンク

ここまでのはなし

AIR DOに乗って,北海道へ.

北海道では観光せずに,新日本海フェリーで新潟へ

スポンサーリンク

佐渡汽船「ときわ丸」乗船

新潟からは,以前から行ってみたかった佐渡島に行きます.

佐渡汽船について

航路:新潟~両津(佐渡島)
直江津~小木(佐渡島)※ジェットフォイルのみ
料金(片道):フェリー 2,810円(2等)など
ジェットフォイル 6,900円など
時間:2時間30分(フェリー),約1時間(ジェットフォイル)
船舶:「ときわ丸」,「おけさ丸」(フェリー)
「ぎんが」,「つばさ」,「すいせい」(ジェットフォイル)
(2021年10月現在)
佐渡汽船

発券

こちらが佐渡汽船のターミナル.

乗船券などは最新式でとても離島に向かうとは思えないですね.
窓口でなくても,自動券売機でクレジットカードが使用できます.1等席の予約には,座席指定も自動券売機で行えました.
2等が片道2,810円,1等が3,890円などです.
約1,000円の追加料金で1等に乗れるならお得です.

なお,佐渡汽船は債務超過に陥っており,経営改善策の1つとして,2022年1月に1等が3,240円から4,220円へ値上がりの予定です.(2021年9月情報)

空席状況は,モニター表示されており一目でわかりgood!

佐渡島へは,フェリーもジェットフォイルもあり,便数も多いです.

乗船券は,改札機でQRコードを読み込みます.
やはりこちらも最新式です.

「ときわ丸」に乗船

こちらがときわ丸(佐渡島で撮影)

船内

ときわ丸,船内図
客室等は3~5階にあります.

船内は,暗めの色で高級感があります.

1等椅子席

予約したのは,1等椅子席です.5階にあります.

1等椅子席の入り口.
入口で靴を脱いで上がります.


窓際は1列なので,混雑しているときは争奪戦かもしれません.
(購入時に座席指定できます)

リクライニングも倒れるし,毛布も常備されており,とても快適.
あと静穏性がすごい.これはこの船が新しいからかもしれません.(ときわ丸は2014年就航)

展望ラウンジ

5階の船首側には展望ラウンジがあります.

他にも売店や軽食コーナーもありました.

船尾側にはイベントホールもあります.

新潟港,出港

新潟港には,佐渡島に向かう貨物が置かれていました.

信濃川河口に位置する新潟港を出港です.

この日は,波がほとんどなくほとんど揺れませんでした.
出港時は曇りですが,海上は晴れていてすがすがしい.

ときわ丸の姉妹船「おけさ丸」と反航します.

佐渡島に到着

佐渡島に到着です.

このあとは佐渡島観光と宿泊記になります.
トキに会いに行くよ~

つづく・・・

コメント