「2021年新造船情報まとめ」はこちら>>>

【乗船記】高速いえしま「まうらⅡ」&家島観光 関西から気軽に行ける島

スポンサーリンク

家島について

姫路市の南西18km の播磨灘にある家島群島の中心島.
六甲山地の隆起に伴う播磨灘西部の沈降によって残った山頂部で,溺れ谷によって海岸線は変化に富み,奥深く湾入しているため,天然の良港になっている.
(日本の島ガイドShimadas,日本離島センター参照)

家島へのアクセス

家島へは,「高速いえしま」または「高福ライナー」が運航する旅客船に乗ってアクセスできます.
2会社合わせて,1時間に1便くらいあるので,気軽に行くことのできる島です.

航路:姫路~真浦(家島)~宮(家島)
真浦と宮は到着順序が逆になることもあり.
料金高速いえしま・・・大人1,000円,学生500円,小人300円
高福ライナー・・・大人1,000円,小人500円(10歳までは無料)
時間:約30分
船舶高速いえしま・・・「高速いえしま」(大型船),「まうら」,「まうらⅡ」
高福ライナー・・・「高福ライナーⅡ」など

高速いえしま(公式)
定期船運航時刻表(家島観光事業組合)

姫路港へは,姫路駅北口から神姫バス「姫路港」行きに乗って行けます.

 

スポンサーリンク

姫路港から家島へ

高速いえしま「まうらⅡ」に乗船

姫路港へやってきました.
姫路港は家島諸島と小豆島へのフェリー,旅客船が就航しており大きなターミナルですね.

姫路港からは,家島,坊勢島,小豆島へのフェリーが就航しています.
坊勢島には坊勢輝汽船が就航しています.

行きは高速いえしまの「まうらⅡ」に乗船します.
高速いえしまの船であれば,学生料金の設定があり片道500円とお得です.

前回も「まうらⅡ」には乗船していますね.あとは「高速いえしま」に乗船しています.

船尾側には簡易の椅子があります.

前方へは階段を下りて,

やや低い位置に客室があります.

出港です.
客室が低い位置にあるため,水面に近いです.
姫路港にはサイロがあって,工場も多いですね.

海上に停泊している船も多く見かけます.

乗船した便は,真浦を経由してから宮に行く便でした.
宮で下船します.

乗船してきた「まうらⅡ」を見送り.

重心を低くするためか,船体中央部の客席部分が水面に近いですね.

スポンサーリンク

家島観光

下船後は家島の観光です.

城山というところへ登りました.

家島は造船の島としても有名で,船がドッグ入りしています.
建物の大きさと比べると船の大きさがわかりますね.

歩いていると真浦港の近くには,スクリューが置いてあります.

昼ごはんは,海鮮料理(^^♪

亀の形をした石です.「どんがめっさん」と呼ばれており,100回頭を撫でると願い事が叶うのだとか.

歩いて,網手(あで)に向かいます.網手からは坊勢島に向かう船が出ています.

桜は散りかけですが,きれいでした.
それにしても雲一つない快晴です.

瀬戸内海のきれいな景色.多島美ですね.

次回は,家島から坊勢島へ!
それでは,また.

コメント