【乗車記】近鉄特急「ひのとり」普通車 近鉄名古屋⇒大阪難波

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここまでのはなし

IBEXエアラインに初めて搭乗して、大阪から仙台へ。

仙台では、ホテルJALシティ仙台に宿泊。

帰りは、太平洋フェリーに初めて乗船。約21時間の快適な船旅を楽しめましたよ。

名古屋から大阪へは近鉄特急「ひのとり」で。

スポンサーリンク

近鉄特急ひのとり 普通車に乗車

前回、ひのとりに乗車したときはプレミアムを利用しましたが、今回は普通車利用です。

乗車券は、前もって大阪駅周辺の金券ショップで株主優待券を900円で購入しました。需要が減っているので、株主優待券が値下がりしていましたね。友人の話では700円程度で購入できたそうですが、私が購入した際にはその値段は見つけられませんでしたね。

 

普通車にもバックシェルを搭載しており、後ろの人を気にせずにリクライニングを倒すことができます。

日曜日のお昼12時名古屋駅発の「ひのとり」に乗車しましたが、私の乗った車両には5人程度しか乗車されていません。
プレミアム車両には多くの方が乗車されていましたね。これくらい人が少ないのであれば、逆に普通車の方が自分的には快適です。

名古屋駅で購入した駅弁を食べます。テーブルは広くて、またコンセントもあることからパソコンをするにも問題なさそうですね。

列車は、近鉄名古屋駅を発車して、地下から地上へ。

途中何度か、大きな川を渡ります

デッキには、煎りたてコーヒーの楽しめます。200円で購入。
右側には、お菓子や「ひのとり」のキーホルダーやハンカチなどのグッズが買える自動販売機があります。

無料ロッカーもあります。アナログの鍵がついているロッカーと自分のICカードが鍵になるタイプの2種類があります。大きな荷物を持っている人は、利用してみるといいかもしれませんね。
なお、とり忘れには注意が必要ですが。

コーヒー200円のコーヒーカップは「ひのとり」仕様です。

伊勢中川駅をショートカットするところをゆっくり通過。

終点の大阪難波まで乗車しました。

これにて、「太平洋フェリーに乗船!仙台旅行」は終了。
東北には、めったに行かないので新鮮でとても楽しい旅行でした。

それでは、また。

コメント